腸内環境を改善するならLGG菌の継続的な摂取が効果的 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 腸内環境を改善するならLGG菌の継続的な摂取が効果的

腸内環境を改善するならLGG菌の継続的な摂取が効果的

腸内環境の良い悪いの判断基準

 

腸内には胃で消化されたものを分解するために数多くの細菌が生息しています。分解された成分は腸の粘膜を経由して必要なところに送られていきます。
腸は体の栄養調達部門です。その細菌には良い働きをするもの、悪い働きをするもの、影響しないものに分かれます。わかりやすく表現するために良い働きをするものは善玉菌、悪い働きをするものは悪玉菌と呼ばれています。この善玉菌が悪玉菌よりも多い状態を腸内環境が良いと言われています。逆に悪玉菌が多くなると改善が必要な状態ということになります。
善玉菌に必要となる量と言う絶対値はありません。悪玉菌よりも多ければ良いと言う相対的な判断になります。よって、改善するためにはLGG菌などの乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすことで行うのが一般的です。

 

LGG菌が腸に届きやすい理由

 

善玉菌の元となる乳酸菌にはいくつかの種類があります。種類によって特徴が異なります。
特に腸まで到達しやすい菌として有名なのがLGG菌です。効果のある乳酸菌でも腸に届かなければ意味がありません。腸の前には胃酸のある胃があり、多くがそこで消化されてしまいます。LGG菌は胃酸に消化されない耐久性があり、活きたまま腸へ届く割合が高いことで知られています。
また、腸に届いた後もすぐに排出されてしまっては効果を得ることができません。LGG菌は体表に線毛があり、腸内にしっかりと止まります。腸内でビフィズス菌を増やし、悪玉菌を減らします。そしてゆっくりと時間をかけて腸内環境に働きかけます。またLGG菌を摂取した後も改善された腸内環境をしばらく維持することも確認されています。

 

LGG菌により改善されること

 

LGG菌を摂取することにより腸内環境が改善されると他にも改善されることがあります。
例えば便秘です。便が水分の少ない固い状態になってしまうことでうまく排便ができないような状況は腸の働きによります。腸が正しく働くことで良い状態で排便を行うことができるようになります。下痢をしがちな人も同じような効果が期待できます。感染症に対する予防についても改善されます。
LGG菌によって善玉菌を増やすことができると免疫力を高めることができます。
風邪やインフルエンザウィルスなどの感染のリスクが下がることで健康的な生活がおくれるようになります。また、免疫力が高まることでアレルギーへの耐性も高まります。LGG菌によってアトピーや花粉症の症状が低減したと言うことも確認されています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.