LGG菌の免疫システムを健康にしアトピーを予防する効果 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > LGG菌の免疫システムを健康にしアトピーを予防する効果

LGG菌の免疫システムを健康にしアトピーを予防する効果

乳酸菌としての特徴について

 

LGG菌はアメリカのタフツ大学にいる教授たちが1985年に分離することができた乳酸菌です。たくさん種類がある乳酸菌の内、LGG菌は腸まで胆汁や胃酸による刺激に耐えて到達し、腸の中の善玉菌を多くして腸の中の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてくれる働きがあります。その胆汁や胃酸による刺激に耐える性質は、別の種類の乳酸菌と比べても高くなっています。
LGG菌には様々な研究がなされていて、世界中から注目をされている乳酸菌であるということができます。LGG菌は色々な試験により安全であることが確認されています。LGG菌はヨーグルトなどの食品に配合して、人間の身体に良い影響を与えるプロバイオティクスという微生物として世界中の人たちに摂取されています。

 

アトピーの予防以外の効果

 

今では、世界の四十以上の国で商品化されている国際的な乳酸菌なのですが、LGG菌の商業権は厳密に管理されていて、LGG菌を商品化する契約をすることが可能なのは一つ国で一社だけということになっています。
LGG菌は、現在発見されている乳酸菌の内、唯一つの線毛という毛が生えている乳酸菌で、人間の腸の中に存在している乳酸菌で腸の壁に定着する働きがあります。
ですので、腸で長く定着することが可能なため、長い期間ずっと腸の中の環境を整えてくれる効果を得ることが期待できます。
このような特徴を持っていることから、LGG菌は別名として持続性乳酸菌ともいいます。
LGG菌は、生きている状態のまま腸まで届いて、善玉菌の量を増やし、悪玉菌の量を減らす働きがあるのでるので、お腹の働きが調子良くなります。

 

アトピーを予防する効果

 

LGG菌は、アトピーを予防したり、下痢を予防したり、インフルエンザを予防したり、風邪を予防したりする効果を得ることが期待できます。
LGG菌は、予防医療の技術が進んでいるフィンランドで研究が進んだ乳酸菌です。腸の中の環境を改善させることによって、アトピーと深く関連している免疫システムを健康な状態にしてくれる効果を得ることが期待できます。
アトピーかかったことがある妊婦さんを、LGG菌を摂取する集団と、LGG菌を摂取しない集団に分けて観察してみたところ、LGG菌を摂取した妊婦さんが産んだ子どもがアトピーを発症した確率より、摂取しない妊婦さんが産んだ子供がアトピーを発症した確率の方が倍近く高かったという結果になった実験があります。
そのため、アトピーを発症する確率が摂取することで半分近くに抑えられたということになります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.