ビフィズス菌と乳酸菌の違いについて、それぞれの特徴を比較 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ビフィズス菌と乳酸菌の違いについて、それぞれの特徴を比較

ビフィズス菌と乳酸菌の違いについて、それぞれの特徴を比較

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは

 

ビフィズス菌や乳酸菌はたとえば、ヨーグルトに含まれていたりしますが、この両者は同じものであると考える人も多いことでしょう。しかしこの両者については全くの別物であり、菌の性質も異なります。
ビフィズス菌と乳酸菌はいずれも人間の腸の中に存在する善玉菌であり、乳製品に使われていることが多く、整腸のはたらきの効果があることは同じですが、そのはたらき方に違いがあります。
ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作りだす細菌であり、人間の腸内にすむ善玉菌の99.9%を占めています。乳酸菌は体内で乳酸を作りだし、身体に効果のあるはたらきをする細菌を総称したもので、人間の腸内にすむ善玉菌の中では0.1%の割合であり、非常に少ないものであり、ビフィズス菌と違って自然界にも広く生息しています。

 

ビフィズス菌と乳酸菌を多く含む食品は

 

ビフィズス菌というのは自然に含まれている食品というのはなく、偏性嫌気性で酸素があると生息できないという性質があります。そのため動物の腸内に多く生息しているのは、酸素の少ない大腸に特に多く生息していることになります。
一方、乳酸菌はこれとは違い通性嫌気性であって、酸素があっても生息が出来ます。このため人や動物の腸に生息するだけでなく、乳製品や発酵食品などにも多く生息し、その生息場所はとても広いものとなっています。
多くの食品に含まれているのは乳酸菌であり、その代表として乳製品があります。牛乳を発酵させて作るヨーグルトに多く含まれています。乳製品以外にも味噌や醤油などの発酵食品にも含まれています。また漬物も発酵食品であるので、多く生息しています。

 

ビフィズス菌と乳酸菌はどちらを摂ると良い

 

両者ともに善玉菌であり、性質に違いはありますが、どちらを多く摂ると良いのでしょうか。また腸に良い効果を得るには同時に摂ることが望ましいですが、食品に含まれる菌の量には違いがあります。
ビフィズス菌だけが摂れる食品というのはあまりないので、腸内環境を整えられる乳酸菌を含む食品を多く摂るようにしましょう。腸内環境が整うことでビフィズス菌がすみやすい環境が整います。
ビフィズス菌にはおよそ32種類もの種類があり、人によってその種類は違いますが良い腸内環境であればそのうち人間の腸に7~8種類の菌がすんでいます。ビフィズス菌は酢酸を体内で生み出す効果があり、この性質は酢酸を生成できない乳酸菌との大きな違いと言えます。酢酸は強い殺菌作用があり、腸内の効果を保つ効果が得られます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.