コレステロールなど血中脂質を改善する乳酸菌の驚くべき力 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > コレステロールなど血中脂質を改善する乳酸菌の驚くべき力

コレステロールなど血中脂質を改善する乳酸菌の驚くべき力

コレステロールとは?

 

人間の血液中には脂質が含まれていて、主なものにコレステロールと中性脂肪があります。このコレステロールとは、細胞膜やホルモン・胆汁酸などを生成する際の原料となるもので体にはとても重要な役割を担っているものです。コレステロールには悪玉(LDL)、善玉(HDL)が存在し、悪玉には肝臓に蓄積されたコレステロールを全身へと運ぶ作用があり、善玉には余分なコレステロールを回収・肝臓へ戻すという作用があります。悪玉が増えすぎてしまうと、血中に蓄積されはじめ、さらに増えると行き場を求めて血管組織内へも侵入し変性します。変性したものが幾重にもなって血管内壁にこびりつき、血流悪化や詰まりを発生させ、血管自体を硬くさせてしまうことに繋がります。これが動脈硬化です。これらの血中脂質に対して、乳酸菌は改善作用を持っています。

 

悪玉が増える原因とは

 

悪玉が増える原因としては、家系など遺伝的素質、生活習慣や食生活、糖尿病などの病気によるものがあると言われています。特に食生活においては、飽和脂肪酸の過剰摂取が考えられます。飽和脂肪酸とは室温でも溶けないような固体油のことで、ラード、バター、肉の脂肪、チーズなどの乳製品に含まれる脂質の材料などがあげられます。これらを用いた料理では揚げ物・ラーメン・チャーハン・揚げ物を使った総菜パン・スナック菓子などがあり、これらの食べ過ぎで肥満となったり、食物繊維不足や運動不足なども悪玉を増やす原因となります。悪玉も少なすぎるとビタミン吸収率の減少や血管の弱体化といった悪影響を引き起こしますので、一定の量で維持される必要性があります。しかし多くなりすぎると、さまざまな弊害をひきおこしてしまいますので、改善が必要となります。

 

コレステロール値を改善させる乳酸菌の力

 

乳酸菌には悪玉の値を下げ改善させるという研究結果が出ており、悪玉の値が低い人の大腸内に存在する乳酸菌の数は非常に多く、高い人では乳酸菌が少ないということも分かっています。というのも、プロバイオティクスである乳酸菌がコレステロールと結合して便の中に排泄されるだけでなく、コレステロールから生成される胆汁酸の排泄をも促進し、そこで減った胆汁酸を補おうとして肝臓にて胆汁酸を生成する時に体内のコレステロール使用が活発化し悪玉の値が下がり改善されるというメカニズムがあるからなのです。悪玉の値が高い人、高カロリーな食事が好きな人は体質をも改善してくれる乳酸菌を積極的に摂取する必要があります。身近な乳酸菌と言えばヨーグルトやキムチ、サプリがあり、乳酸菌は生菌でも死菌であっても効果は同様です。乳酸菌を摂取しつつ、適度な運動も合わせて生活全体を見直すことが大切です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.