乳酸菌とアルコールとの相性と耐性があるかないかという点について | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌とアルコールとの相性と耐性があるかないかという点について

乳酸菌とアルコールとの相性と耐性があるかないかという点について

アルコール耐性がない乳酸菌は死滅する?

 

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は、腸の調子を整える効果があり、美容と健康のために毎日でも食べたいものですが、食べ合わせの悪いものがあるので注意が必要です。それはアルコールです。乳酸菌とアルコールを一緒に摂取すると、せっかく摂取した乳酸菌が死んでしまう可能性が高いのです。これはアルコールに殺菌作用があるからということではなく、アルコールを摂取することで胃酸が働きが活発になり、その胃酸に乳酸菌が耐えられなくなってしまうのです。結果的に、アルコール耐性がある菌だけが生きたまま腸に届くことになり、アルコール耐性がない菌は死滅してしまうという悲惨な結果になってしまうのです。このことは乳酸菌を正しく摂取する方法に関する知識として覚えておくと良いでしょう。

 

アルコール耐性がない乳酸菌は効果なし?

 

では、耐性がない乳酸菌をアルコールと一緒に摂取すると、何の効果もないのでしょうか。実際、胃酸は強烈なので、アルコールを摂取しない状態でも多くの菌が死滅してしまう可能性があります。中には胃酸に強い菌もあり、生きたまま腸まで届くと宣伝しています。逆に言えば、せっかく摂取しても生きたまま腸まで届かない乳酸菌もたくさんあるということです。しかし、死滅してしまった乳酸菌は何の効果もないのかというとそうではありません。死んでしまったとしてもエキスは腸まで届くからです。確かに死んでしまえば、腸の中で繁殖することはできませんが、エキスはしっかりと腸まで届くので、腸内環境を整える効果はあるので大丈夫です。もちろん、ビールやワインなどと一緒にヨーグルトを摂取しない方がより効果的です。

 

死滅した乳酸菌にも効果はある

 

たとえ死滅してしまった乳酸菌であってもそのエキスが腸内に届くと、善玉菌の栄養源となります。もともと腸の中に住んでいる善玉菌を増やすことを考えた方が、生きた乳酸菌を摂取してその数を増やすよりも効果が大きいのです。もちろん、生きたままの状態で乳酸菌が腸に届くほうがより一層高い効果を発揮するのは間違いありません。それは腸内の食物を発酵させながら乳酸を作り出すことになるので、その分整腸作用や善玉菌の働きを助けることができるようになるからです。ただ、普段の食事で摂取しているほとんどの乳酸菌は胃酸で死滅してしまうと考えた方が良いでしょう。そのため善玉菌の栄養となる食事をして増やしていくという観点から、野菜などを中心とした食事をとることを第一にする方が効果的です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.