有用な乳酸菌はアルコールを一緒に摂取することで殺菌されるか | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 有用な乳酸菌はアルコールを一緒に摂取することで殺菌されるか

有用な乳酸菌はアルコールを一緒に摂取することで殺菌されるか

乳酸菌とアルコールの関係

 

アルコールは度数を持っているお酒でビール・焼酎・日本酒・ワインなど様々に入っている成分です。少量のアルコールは、「酒は百薬の長」ということわざがある様に気分を陽気にしたり血行を良くする効果があり、ストレス発散、疲労回復などに優れています。
ただアルコール消毒除菌という言葉があるように、殺菌作用が指摘されています。乳酸菌も菌の一種でもあるため、例外ではなく殺菌されてしまうことも確かです。
そのため乳酸菌と同時に摂取することは控えた方が良いとする見解もあります。ただ乳酸菌は殺菌されても、その菌自体が有用な成分を作り出していることもあり、それが胃腸に届けば胃腸内に元々存在する善玉菌がそれをきっかけに増殖する効果が見られます。
もっとも乳酸菌のほとんどが消化液である胃液に弱い性質があるため、それで殺菌されてしまうため同じとなります。

 

実は効果自体は失われない

 

アルコールと一緒に摂取すると殺菌されてしまいますが、有用成分自体が残っているため、それによって善玉菌の増殖を助けるため、その効果自体は失われない特徴を持っています。従って、アルコールと同時に服用するのはダメであり、生きたまま届けることができないので良くないというのは俗説です。
少量の飲酒ならむしろ殺菌されてしまっても、血行促進や内臓関係の活発化の刺激を与えることに繋がり、ストレスを発散させることで善玉菌もフル稼働しやすい環境にもなったりします。「酒は百薬の長」といわれる理由はそれにあります。
他に乳酸菌の中にはアルコール耐性のある菌も存在しますし、酒などを製造する段階ではこうじ菌による発酵過程もあり、発酵においては共通項も見られます。殺菌についてそれほど神経過敏になる必要はないと意識することが肝要となります。

 

乳酸菌のアルコールに対しての働き

 

乳酸菌の優れた効果の一つには、日本酒などを摂取し過ぎると肝臓への負担をかけてしまう懸念が生じますが、その肝臓への負担を和らげることができます。アルコール分を分解するためには、糖分が必要ですが、乳酸菌を摂取することで腸内で乳糖を作り出すので、それによって肝臓を守る効果があります。
またお酒を飲む方がよく起こすのが面倒な二日酔いですが、これについても乳酸菌を摂取することで防ぐことが可能です。お酒を飲むシーンでの体への負担を軽減する上でも、乳酸菌の効能は注目されています。
また酒の飲み過ぎで、中性脂肪の増加や血糖値の上昇を引き起こし、メタボや糖尿病にかかるリスクが増加しますが、中性脂肪・血糖値の低下に乳酸菌が貢献するため、アルコールに対しても優れた効果を持っています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.