乳酸菌の中にはピロリ菌への殺菌効果がある種類も存在 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の中にはピロリ菌への殺菌効果がある種類も存在

乳酸菌の中にはピロリ菌への殺菌効果がある種類も存在

胃酸にも対抗できるパワー

 

乳酸菌にはさまざまな種類があり、昔から人の健康に役立ってきています。科学の進歩によって、人の健康により効果を発揮する乳酸菌というのも開発されるようになり、最近では、ピロリ菌を殺菌する効果のある乳酸菌というのも出てきています。ピロリ菌は胃がんの原因となる菌で、5歳までに感染し、以後、人の胃の中にとどまって胃を損傷し続け、胃潰瘍や胃がんを引き起こします。日本人に胃がんが多いのも、ピロリ菌感染者が多いためであることが明らかとなっています。胃では強い胃酸により、細菌はほぼ全滅するのですが、ピロリ菌だけは胃酸があってもかまわず生き残り、増殖することができます。乳酸菌も胃では死滅するものの、最近、胃で生息できる乳酸菌が開発され、注目されています。その乳酸菌にはピロリ菌の殺菌効果があります。

 

市販のヨーグルトで摂取

 

その乳酸菌は、ヨーグルトに混ぜて市販されており、誰でも簡単に摂取することができます。ピロリ菌は梅干しやコーヒーなどでも増殖を抑えることができるとされていますが、この乳酸菌は、ピロリ菌と同様、胃に生息することができるため、ピロリ菌の住みかを奪うことができます。この菌を継続摂取することで、ピロリ菌の増殖を抑えるだけでなく、死滅させることができた例もあるようです。ピロリ菌の殺菌は、病院で処方された抗生物質を服用することで可能であり、その方法が確実ですが、100%殺菌できるとは限りません。病院で受診する前に、少しでもピロリ菌の数を減らしておくに越したことはなく、すぐ受診できない場合は、毎日この乳酸菌が入ったヨーグルトを食べるのが望ましいでしょう。

 

乳酸菌の殺菌効果なら

 

ピロリ菌を死滅させるには、病院で処方された抗生物質を服用するのが第一ですが、効き目がある分、下痢などの副作用がある人もいます。乳酸菌を使ってピロリ菌を退治する場合は、そうした副作用の心配もなく、また、病院になかなか行けない場合でも手軽に用いることができます。ピロリ菌が胃がんの原因であることは明らかとなっていますが、日本人の多くが、残念ながら感染しています。感染しないに越したことはなく、除菌をしても感染歴のない人と同じにはなれないものの、除菌をしたほうが胃がんになる危険性は格段に減ります。ヨーグルトに含まれる特定の乳酸菌で、ピロリ菌の増殖が阻害され、中には除菌できる場合もあるというわけですから、ぜひともこの効果得たいところです。毎日摂取することが望まれます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.