乳酸菌には600種類以上もあり、腸内環境を整えるために重要 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌には600種類以上もあり、腸内環境を整えるために重要

乳酸菌には600種類以上もあり、腸内環境を整えるために重要

腸内には100兆個以上の細菌

 

腸内には様々な細菌がいますが、その種類は何と100種類以上あり、それらの細菌を合計すると100兆個以上にもなります。その中には、善玉菌と呼ばれるものもいれば、悪玉菌と呼ばれるものもいます。この数えきれないほどの種類の細菌がひしめく様子を顕微鏡で見ると、まるでお花畑のように見えることから、腸内細菌の集団を「腸内フローラ」と言います。そして、この腸内フローラのバランス、つまり腸内環境がどのようになっているかということによって、毎日の健康や美容に大きな影響を与えています。そこで、健康と美容のために、積極的に腸内環境を整えていくことが大切になってきます。食事の内容を変えるだけで、腸内環境は大きく変化し始めます。その良い効果はすぐに実感できるのでやり甲斐もでてきます。

善玉菌の代表といえば乳酸菌

 

腸内細菌の種類は大きく、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3種類に分けることができます。善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが腸内環境を整える上で重要になってきます。そして、日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優勢な方につく性質があるので厄介です。善玉菌の代表といえは乳酸菌です。一口に乳酸菌といっても、たくさんの種類があります。乳酸菌というのはその個々の菌の総称です。現在確認されている乳酸菌だけでも、なんと600種類もあります。同じ乳酸菌でも形も違えば、性質も違います。たとえば、花粉症予防などアレルギー予防効果が期待されるL92乳酸菌、便秘予防、免疫力強化が期待されるEC-12乳酸菌やLGG菌乳酸菌という具合です。多くの乳酸菌に共通しているのが腸内環境を良くすることから便秘予防や免疫力アップ効果が期待できることです。

動物性と植物性の乳酸菌

 

乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれているというイメージがあるかもしれませんが、漬物やキムチ、味噌などの発酵食品にもたくさん含まれています。このことから乳酸菌には動物性のものと植物性のものがあると思っている人も少なくないようです。しかし、これは正しくはありません。ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌とキムチや納豆に含まれるものとはもともと同じです。したがって、植物性のほうが動物性よりも効果があるという言い方があるとすれば、これも間違いということです。様々な商品が、より高い乳酸菌の効果があることを宣伝したいために、いつのまにかこのような間違った情報を刷り込ませているということのようです。ヨーグルトが好きな人はヨーグルト、納豆が好きな人は納豆をたくさん食べて、腸内環境を整えると良いでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.