ウイルス対策のために使う乳酸菌はどんな種類が良いか | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ウイルス対策のために使う乳酸菌はどんな種類が良いか

ウイルス対策のために使う乳酸菌はどんな種類が良いか

乳酸菌でウイルスに強い体作り

 

ウイルスに強い体を持っている人は、風邪をひきにくかったり、ひいてもすぐに治ってしまうことも多いです。人間の体にはもともと外部の病原菌やウイルスから体を守る免疫機能が備わっています。ウイルスから体を守るのが免疫細胞の感染防衛機能で、免疫細胞は常に全身をパトロールして外部と内部の敵から身を守ってくれます。
この免疫機能の強さを左右するのが、腸内環境です。免疫細胞の7割は小腸に存在しているので、腸内環境が悪くなると免疫機能が落ちてしまいます。
腸内環境を常に健康に保つためには、普段から乳酸菌などの善玉菌を摂取しておくことが有効です。例えば、インフルエンザにはヨーグルトが良いと言われますが、これもヨーグルトに含まれている種類の乳酸菌が腸内環境を整えてくれるからです。

小腸で働いてくれる乳酸菌を摂る

 

ウイルス対策のために乳酸菌を摂取する時には、小腸で吸収される種類の乳酸菌を摂取するといいです。
腸内細菌の種類によって、腸のどこの部分で効果を発揮するかが変わります。例えば十二指腸は有胞子性乳酸菌、大腸はビフィズス菌、そして小腸には乳酸菌という感じで種類によって効果が違います。
主に小腸で効果を発揮してくれる乳酸菌の種類には、乳酸菌抽出物LFG、ガセリ菌、ラブレ菌などがあります。ラブレ菌は漬物由来で、それ以外は赤ちゃん由来です。
ラブレ菌は過酷な環境にも負けない強い乳酸菌と言われていて、抗ウイルス作用があると言われています。ラブレ菌は腸内でリンパ球を刺激してインターフェロンaという成分を作らせることで、ウイルスを攻撃するNK細胞を活性化させてくれます。

乳酸菌を無理なく摂取しよう

 

ガセリ菌には免疫力を高める作用の他に、内臓脂肪を減らすという現代人には嬉しい効果も確認されています。
ラブレ菌やガセリ菌が含まれているヨーグルトなどはよく販売されているので、そういうものを毎日食事の中に取り入れるといいでしょう。
ただし、食べ物は相乗的に効果を発揮するものなので、お腹に良いからといってヨーグルトだけ食べて入ればいいというわけではありません。ヨーグルト以外にも味噌や醤油、納豆などにも乳酸菌は含まれています。また、ヨーグルトだけでは栄養バランスが崩れてしまうので気を付けましょう。
毎日無理なく摂り続けるのならば、乳酸菌サプリメントなどを利用してみるといいでしょう。1日に1〜2錠飲めばいいだけのカプセルや錠剤であれば、手間をかけずに摂取できます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.