化粧品にも使われている乳酸菌の種類とその働きと効果とは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 化粧品にも使われている乳酸菌の種類とその働きと効果とは

化粧品にも使われている乳酸菌の種類とその働きと効果とは

化粧品に使われている乳酸菌

 

乳酸菌といえば、食べ物や飲み物から摂取するのが一般的なイメージですが、近年は乳酸菌が持つ発酵を活かした化粧品も販売されています。
発酵は何らかの菌が有機物を食することによって起こる成分変化のことですが、発酵は良い成分も出しますし、反対に悪い成分も出します。このうち良い成分を出す働きを活かしたものが、納豆、味噌、ヨーグルトなどのいわゆる発酵食品です。
一方で化粧品に使われている場合には、化学合成した成分ではなく、美容に良いとされる成分を発酵という課程で得るというものです。このさいの発酵に使われる菌のひとつが乳酸菌になります。
メリットとしては発酵によって得られるため天然由来であり、また成分も合成したものではなく自然界に存在し得るものであるため肌に優しいといったことがあります。

化粧品に使われる乳酸菌の種類

 

化粧品に使われている乳酸菌は、食品とは異なって身体の中に取り込まれるわけではないので、その求められる性質が異なります。特に肌にとって必要なビタミンやアミノ酸が豊富に含まれる方が肌の状態を整えることができます。
乳酸菌の種類の多くは、主に整腸作用や免疫力の改善などがありますが、化粧品の場合にはそのような働きよりも栄養が豊富な液体を得るのに使われます。化粧品として使われるものは化粧水がもっとも需要が高いものですが、このほかクレンジング剤などにも使われています。
また抽出された成分は化学合成によって得られたものとは異なり天然成分に近く、また発酵させることによって大量に得られるため、それまでの化学合成された成分に変わって使われることも多くなっています。

乳酸菌を使った化粧品のメリット

 

乳酸菌の種類は約200種類以上あるとされ、現在も新しい乳酸菌が発見されています。しかし、実際にそれほどの膨大な種類があっても使われているのは、その中でもごく少数になります。また乳酸菌は種類によって働きも変わってくるため得られるメリットも菌の種類によって変わります。
また乳酸菌が直接含まれていなくても化粧品で使われる成分を得るために使われる乳酸菌も多くあります。例えばヒアルロン酸といえば、以前は非常に高価でしたが、乳酸菌を利用することで作り出すことが可能になっています。
一方でビタミン類なども同様ですが、乳酸菌は自然界に存在する菌であり、彼らが作り出す成分は天然成分に近いため化粧品に使われ肌に付けた場合に自然に身体に取り込まれるといったメリットがあります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.