理想的な体型を維持するダイエットのために役立つ乳酸菌の種類 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 理想的な体型を維持するダイエットのために役立つ乳酸菌の種類

理想的な体型を維持するダイエットのために役立つ乳酸菌の種類

乳酸菌がダイエットに良い?

 

最近では、腸内フローラが善玉菌優位になれば、ダイエットがうまくいくと言われてサプリなどに配合されるようになっています。
乳酸菌のような善玉菌入りのサプリを飲んだからといってすぐに効果が出るわけではありませんが、じっくり時間をかければ徐々に痩せやすい腸に変化していきます。
腸内フローラによって痩せ体質と肥満体質になるかは変わり、メディアでは痩せ菌とデブ菌と呼ばれることもあります。ただし、腸内環境ではバランスが重要なので、どちらかの菌だけがあればいいというわけではありません。理想的なのは、デブ菌:痩せ菌=4:6程度と言われています。
ダイエットというとガリガリに痩せたモデルに憧れる人も多いですが、程よく健康的に痩せるにはこの割合が理想的だということです。

どんな種類の菌があるのか

 

どんな種類がデブ菌の代表と言われているかというと、ファーミキューティス系の細菌です。
一方、痩せ菌の代表の種類と言われているのがバクテロイデスというものです。
ファーミキューティス系は、人間が分解できない食物繊維などからもエネルギーを取り出すことができます。
しかし、バクテロイデスの方はそこまでエネルギーの変換効率が良くありません。なので、前者が多いと太りやすくなり、後者が多いと太りにくくなるということです。
もし野菜などの食物繊維が多いものしか食べられない世界であれば、ファーミキューティス系の菌はありがたい存在だったのですが、現代のようなダイエットしたい世界ではバクテロイデスのような種類の菌がもてはやされています。ただし、バクテロイデスは善玉菌ではなく、アンモニアも作り出してしまいます。

ダイエットに良い乳酸菌の種類は

 

ではどんな種類の乳酸菌であればダイエットに使えるのかというと、内臓脂肪や体脂肪を低下させるビフィズス菌が登場しています。この乳酸菌はコレステロール値を下げる効果も確認されています。
他には、ガセリ菌という種類の乳酸菌が内臓脂肪の面積や皮下脂肪、ウェストや体重を減らしたという実験結果を出しています。この乳酸菌は食べた後にも人の腸に生きたまま残るのが特徴です。
通常の乳酸菌は、熱や酸に弱い性質を持っています。そのため、口から乳酸菌を摂取しても、胃酸などで死滅してしまいます。
しかし、ガセリ菌のような乳酸菌は熱や酸に強いので、腸までしっかり届き、悪玉菌に対抗してくれます。
そして善玉菌が優勢になることで、腸内環境が整って血流が良くなり、新陳代謝も活発になって痩せやすくなります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.