植物性と動物性、どちらが効果が高い?乳酸菌の種類による性質の違い | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 植物性と動物性、どちらが効果が高い?乳酸菌の種類による性質の違い

植物性と動物性、どちらが効果が高い?乳酸菌の種類による性質の違い

乳酸菌の定義とその性質

 

乳酸菌とは、自然界にも存在していて、牛乳や乳製品、人や動物の腸内、漬物やヨーグルトなどの発酵食品にも存在している球状、棒状の細菌です。その種類は200種類以上にもなり、新しく発見されたり、さらに研究が進められ特徴が明らかになっているものなど多数あります。乳酸菌の定義とは、ブドウ糖を分解して生成される代謝産物が乳酸であることです。同じようなものでビフィズス菌と混同されがちですが、ビフィズス菌は腸内にしか生存しておらず、代謝物の乳酸とともに酢酸が生成されるのが特徴です。乳酸には、腸内を酸性に保ち腸内環境を良好に保つ性質があります。乳酸菌を摂取することで便秘や下痢の改善、免疫力アップの効果が期待されるのはそのためです。時に腸内の善玉菌とも呼ばれます。

生きて腸に届かない乳酸菌

 

最近よく耳にするのが、生きて腸に届くというフレーズです。少し前までの乳酸菌入りの食品のほとんどが、腸に届くまでに死滅してしまうことが明らかになりました。動物性乳酸菌と呼ばれるもので、胃酸に弱く、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどに含まれます。その後、研究が進められ、胃酸や胆汁に強く、生きたまま腸管に到達することができる植物性乳酸菌が利用されるようになりました。ただし、生きたまま腸管に到達してもそこで増殖することはないというということも分かっています。そのため、乳酸菌の効果を得るために毎日摂取することが推奨されています。また、死滅してしまった乳酸菌でも疾病予防効果があることが最近分かっています。動物性と植物性、同時に取ることでの相乗効果があることもポイントです。

最先端の乳酸菌の種類と性質

 

最近の主流はなんといっても生きて腸まで到達することができる植物性乳酸菌です。その種類は今も増え続けていて、新しい乳酸菌の驚くべき性質に驚かされます。注目なのは、虫歯や歯周病を抑制できるL2080菌。最も新しい種類で、歯に悪影響を与えるといった乳酸菌のイメージを覆す今最も注目される菌です。その性質を利用して、マウスウォッシュなども開発されています。他にも、ピロリ菌を抑制したり、インフルエンザの感染予防など、ピンポイントで消費者に訴えかける乳酸菌食品も多数販売されるようになりました。ヨーグルト、サプリメントを筆頭に、飲料、チョコレートなど、幅広い摂取方法が提案されており、日々の生活で取り入れやすくなっています。毎日摂りたいものだから、手軽な選択肢がさらに広がることを期待します。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.