加熱殺菌されたほうが健康効果の意味が高い乳酸菌があります | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 加熱殺菌されたほうが健康効果の意味が高い乳酸菌があります

加熱殺菌されたほうが健康効果の意味が高い乳酸菌があります

生菌と死菌の2つの乳酸菌について

 

乳酸菌といえばヨーグルトを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そのヨーグルトには、「生きたまま腸に届く」というフレーズがよく使われています。乳酸菌には生菌と死菌という2つの種類があり、フレーズどおり生きたまま腸に届くのが生菌です。
生菌は、腸内にもともと住んでいる腸内細菌と同じように、糖分から乳酸を作って腸内を弱酸性に保ちます。この状況は悪玉菌が住みにくく、善玉菌が住みやすい環境です。また腸内が弱酸性になると、腸が刺激されてぜん動運動が促進されます。腸の機能が良くなるので、便秘の改善やデトックス効果につながります。
けれど、200種類を超える乳酸菌の中で、生きたまま腸まで届く生菌は多くありません。また、食事で取り入れた生菌は腸内に住みつくことはできず、1週間程度で排出されてしまいます。その時に重要な働きをするのが、死菌です。

 

分解・殺菌された乳酸菌が有効な意味とは

 

死菌は生菌と違って、腸にたどり着く前に胃酸や胆汁酸などで分解・殺菌されてしまった乳酸菌です。多くの乳酸菌が死菌となって腸に届きます。
漢字のイメージからは役に立たないものとして、摂取しても意味のないもののように感じる人もいるかもしれません。でも実は、死菌は生菌とは違った働きで腸や身体の健康を支えている、意味のある乳酸菌なのです。
死菌は糖やタンパク、細胞質、核酸などの菌体成分と呼ばれる成分で出来ています。これらは善玉菌のえさとなって善玉菌を増やしたり、活発化させたりする働きがあります。また悪玉菌などの有害物質を吸着して、体外へ排出する働きもあります。さらに、腸にある免疫の受容体を刺激して、免疫細胞を活発化させる働きもあります。腸の機能だけでなく、身体の免疫力を高める働きがあるという点で、生菌とは違った意味のある物質なのです。

 

殺菌されたほうが効果が高いフェカリス菌

 

腸の機能や腸内環境を整えると同時に、免疫力を高める効果がある死菌ですが、その効果を生菌の3倍も上げることができる乳酸菌があります。それは、フェカリス菌です。
フェカリス菌は加熱殺菌処理をした死菌の状態で摂取するほうが、免疫力を高める効果がより強くなることがわかっています。加熱殺菌処理をされていることで、胃で消化されたり分解されたりせず、腸までしっかり届く点もメリットです。生菌ではなく、死菌だからこその意味があります。
フェカリス菌には腸内環境を整えたり免疫をアップさせたりする以外にも、アレルギー症状を抑えたり、コレステロール値を下げたり、高血圧を予防したり、美肌のサポートをしたりする働きがあります。インフルエンザの予防、花粉症の予防や改善などにもおすすめの乳酸菌です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.