生活習慣の乱れによる高血圧予防に有効な乳酸菌とは? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 生活習慣の乱れによる高血圧予防に有効な乳酸菌とは?

生活習慣の乱れによる高血圧予防に有効な乳酸菌とは?

高血圧と腸内環境の関係

 

高血圧の原因はいろいろありますが、一番多いのは食生活の乱れです。塩分の取りすぎが筆頭として挙げられますが、さらには腸内環境も高血圧の要因になります。
腸内で悪玉菌が優勢になると、日和見菌が悪玉菌に加勢して善玉菌の力が弱くなります。すると腸の働きが低下して、トイレでいきんでも便がスッキリ出せずに老廃物が腸内に溜まったままになります。
ここからが問題です。腸内に溜まった老廃物は、血液に流れ込んでしまい、血液が徐々にドロドロになり流れが悪くなります。すると血液を全身に押し出す役割を果たしている心臓が強い力を出さないと血液が遅れなくなってしまうため、血圧が上がってしまいます。
トイレでいきんでいて急激に血圧が上がり、トイレの中で脳卒中や心筋梗塞が起きて倒れてしまうケースもあります。

 

腸内環境を改善するための乳酸菌利用

 

高血圧を予防するためには、腸内に老廃物を溜め込まないようにすることが大切です。乳酸菌には整腸作用があるので、高血圧の予防に使うことができます。特に血圧を下げるのに有効と言われているのが「乳酸菌抽出物LFK」です。
健康な人の体の中に多く存在しているのが乳酸菌フェカリス菌で、この仲間の一種にはフェカリス菌FK-23というのがあります。これを酵素で溶解したものが「乳酸菌抽出物LFK」で、フェカリス菌を摂取するよりも高い効果が得られると言われています。
認められている効果が多く、血圧降下剤の特許を取得しています。病院で処方されている降圧剤だと頭痛、むくみ、便秘といった副作用が現れることがありますが「乳酸菌抽出物LFK」は副作用のリスクが認めていません。

 

乳酸菌で高血圧を予防

 

今や、中高年の2人に1人は血圧が高めと言われている時代です。血圧が高くなると血管にかかる力が強くなってそれに耐えるために血管が厚くなり、狭くなって行きます。
すると血管に悪玉コレステロールが溜まりやすくなってしまいます。高血圧はよくある病気なので、あまり深刻に考えられないかもしれませんが、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気のリスクを引き上げます。血圧の最高値が140以上になったら注意が必要です。
もし血圧が気になるようであれば、乳酸菌を活用して予防してみましょう。乳酸菌は食事の中でもヨーグルトなどの発酵食品を食べれば摂取できますが、効率よく摂取したいならば乳酸菌サプリを利用してみるといいでしょう。
食生活が乱れがちな人は特に、発酵食品の摂取が少ない傾向にあるのでサプリの摂取による予防がオススメです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.