乳酸菌で免疫力を高めることでヘルペスの予防や改善効果が期待できる | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌で免疫力を高めることでヘルペスの予防や改善効果が期待できる

乳酸菌で免疫力を高めることでヘルペスの予防や改善効果が期待できる

免疫力を高めてヘルペスウイルスに勝つ

 

ヘルペスは感染症の一種でヘルペスウイルスというウイルスが原因となっている皮膚疾患ですが、ウイルスが原因となっている疾患から体を護るために必要となる存在は免疫力です。
免疫力の強さを左右する免疫細胞は、小腸で生成されています。免疫細胞を十分に生成するためには腸内環境が整っていることが大事なので、乳酸菌を摂取して腸内環境を正常化すると免疫力が向上するといわれています。
ヘルペスは顔面タイプ・口唇タイプ・性器タイプが一般的によくある症例ですが、異物感や水ぶくれといった症状を何度も繰り返す再発型の疾患なので完治を諦めている方も多いようです。医師によって処方される薬剤などを使用することも良いのですが、体内の免疫力を高めることで自力で自然治癒できる可能性もあるとされます。

 

年齢に関係なく免疫力を高めると良い

 

ヘルペスウイルスを含めた悪いウイルスに接触する機会は誰にでも起こることですが、感染症としてヘルペスなどが発症する人としない人がいます。その違いが、免疫力です。免疫力が高い若しくは正常値にある人は、感染症原因の菌に接触しても抵抗力があるので発症には至らず済みます。
免疫力は年齢と共に衰えていくものですが、年齢問わず体質的要因や生活習慣によって免疫力が低い人もいます。10代でも40代以上でも、感染症を予防するためには乳酸菌が含まれた食品類を積極的に摂取すると良いです。
乳酸菌摂取による免疫力向上によって、予防の他に改善を図ることも可能です。感染しないように予防も大事ですが、感染してしまった時に長引かないことも体への負担を考えると重大なことになります。普段から乳酸菌を摂取して腸内環境と免疫力を正常にする意識は、健康のためになります。

 

ヘルペス予防対策に有効な乳酸菌の種類

 

ヘルペス予防や改善に効果を現すとされる乳酸菌は、クレモリス菌FC株・植物性ナノ型乳酸菌SNK・シールド乳酸菌M-1です。クレモリス菌FC株はカスピ海ヨーグルトや味付けのないプレーンヨーグルトに存在し、腸内環境とお通じの改善や免疫力を調整する働きを持つ多糖類の生産を行います。
植物性ナノ型乳酸菌SNKは発酵酵素の一種で、免疫力を高める作用が強い乳酸菌として知られています。シールド乳酸菌M-1はウイルスへの対抗力が強く、免疫力向上のサポートします。ドクターシーラボなどに含まれている乳酸菌です。
乳酸菌はサプリメントで摂取することもできます。サプリメントであれば多種の乳酸菌を一度に摂取できるので楽ですが、子どもの乳酸菌摂取はヨーグルトなどの食品で行うことが勧められています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.