赤ちゃんがアトピーになりづらい?妊婦の乳酸菌摂取のメリット | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 赤ちゃんがアトピーになりづらい?妊婦の乳酸菌摂取のメリット

赤ちゃんがアトピーになりづらい?妊婦の乳酸菌摂取のメリット

妊婦の大敵・便秘を解消

 

乳酸菌は体への様々な健康効果が実証されている成分で、乳酸菌飲料やヨーグルト、サプリなどを日常生活に取り入れている人はとても多いと思います。
でも、実は妊婦も乳酸菌を摂るとさらにメリットがあることをご存知でしょうか。
まず、多くの人が思い浮かべるのが便秘解消作用だと思います。
腸内細菌を増やしてくれるので、整腸作用につながることで有名ですが、妊婦の多くは便秘に悩まされています。妊娠中は悪阻や赤ちゃんに栄養が流れるので水分不足になりやすく、また妊娠中に多く分泌される黄体ホルモンの影響で排便力が通常時よりも弱まってしまいます。お腹に赤ちゃんがいることでいきめない精神的作用や、膨らんだ子宮に腸が圧迫されて便が出づらいなど、便秘になる要素が満載の状態なのですが、乳酸菌は便秘を解消する手助けをしてくれます。

 

アトピーなどのアレルギーになりづらくなる

 

乳酸菌というと整腸作用が最も有名ですが、実は免疫力向上作用もあります。
あるヨーグルトを食べていると花粉症になりづらい、インフルエンザにかかりづらいという説を聞いたことがある人は多いと思いますが、それらは乳酸菌の免疫力向上作用の為です。
妊娠中も然りで、乳酸菌を摂取している母体は免疫力が上がります。すると、お腹の中にいる赤ちゃんも同じく免疫力が上がっていくため、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎にかかる割合も低下すると考えられています。
アトピー性皮膚炎や花粉症は遺伝すると考えられていますが、妊婦の間に積極的に乳酸菌を摂取することで、お腹の赤ちゃんへ遺伝しづらくなるという研究結果もあるため、アトピーなどのアレルギー疾患を持っている妊婦はより積極的に乳酸菌を摂取することが推奨されます。

 

乳酸菌を効率よく摂取するために

 

妊婦は乳酸菌を摂るべし、とはいってもただやみくもに乳酸菌が含まれている食品やサプリを口にすれば良いわけではありません。サプリメントの中には凝固剤などの添加物が使用されているものも少なくないため、特に口にするものに注意が必要な妊娠中はその成分はしっかりとチェックすることが大切です。
また、乳酸菌は胃酸に弱い性質があります。普通に摂取しても胃酸で多くは死滅してしまうため、腸まで届くコーティングなどの設計がされている商品を選ぶと効率よく腸で働いてくれます。つまり「生きて腸まで乳酸菌を届ける」商品を選択することが、早急な便秘解消やアトピーの予防などについて高い効果を得るためには大切と言えます。
ただし、乳酸菌飲料は甘いタイプのヨーグルトには糖分が多く使用されているので、過剰摂取は気をつけましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.