LGG菌はアトピーの発症予防に有効性が確認された乳酸菌 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > LGG菌はアトピーの発症予防に有効性が確認された乳酸菌

LGG菌はアトピーの発症予防に有効性が確認された乳酸菌

乳酸菌のいろいろな種類

乳酸菌は、代謝によって乳酸を産生する細菌類のことを言います。乳酸菌は食品を発酵をさせることで加工の手段としてに古くから使われています。広く知られているのはヨーグルトやチーズ、バターなどの乳製品です。日本で古くから愛されている漬物や味噌も植物性乳酸菌を使った食品です。乳酸菌を摂取することで腸内環境を改善できることから多くの研究がなされてきました。現在知られているだけでも200種類以上が存在します。以前はヨーグルトが乳酸菌というような大雑把なイメージしかありませんでした。現在では生活の中で摂取できる乳酸菌にもいろいろな種類があることが知られています。カゼイ菌やラブレ菌、プラズマ乳酸菌、LGG菌などです。これらの乳酸菌はそれぞれ特徴が異なり、確認されている効果に違いがあります。自分にあった乳酸菌を見つけて摂取することでより効果が発揮されるでしょう。

 

LGG菌は届いて、とどまる

LGG菌の正式名称はラクトバチルス・ラムノーサスGG株です。
古くから存在が確認されている乳酸菌です。通常、乳酸菌は経口で摂取すると腸に届きにくいと言う大きな問題がありました。それは途中にある胃酸や胆汁酸が原因です。乳酸菌は腸に届くまでにその多くが消化されてなくなってしまいます。しかし、LGG菌にはこれらの酸に対抗できるほどの耐性があります。そのため、生きたまま腸に届く確率が他の乳酸菌と比べて高いことが特徴です。また、LGG菌の体表には線毛が生えているためしっかりと腸に定着する持続性乳酸菌としても知られています。しっかりと腸まで届き、腸にとどまることで腸内環境を改善して、下痢や便秘の改善、体脂肪の低下、風邪の予防、アトピーの発症を抑えるなどの働きが期待されます。

 

LGG菌はアトピーの発症予防に働きかける

アトピーと呼ばれるアレルギー性皮膚炎を発症するお子さんは年々増加傾向にあります。アトピーの原因は現時点で明らかになっていませんが、他のアレルギー症状と同様に免疫システムが正常に働いていないことが関係していると考えられています。腸内環境は免疫システムに大きな影響を与えます。腸内環境を改善することで、正常化しアレルギー症状が低減すると言う傾向も示されています。アトピーについて確認するために、出産予定日の2~4週間前の妊婦さんを2群に分けて臨床試験が行われました。出産前後にLGG菌を摂取した妊婦さんのお子さんは、摂取していない妊婦さんのお子さんに比べてアトピーの発症率が半分だったと言う結果が示されています。これは母親の腸内環境が子供の健康に影響することを示したものとなりました。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.