乳酸菌が子供の「免疫力」を向上させるメカニズムとは? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌が子供の「免疫力」を向上させるメカニズムとは?

乳酸菌が子供の「免疫力」を向上させるメカニズムとは?

子供に乳酸菌を与えたい、その理由とは

体力が不十分、免疫力がほとんどついていない子供にとって、お腹のトラブルは日常茶飯事です。牛乳を飲んでお腹を壊した、ちょっと食べ過ぎただけですぐお腹を壊した、という時期があったことを覚えてないでしょうか。あまり心配しなくても、成長していけば強くなっていくだろうと思いがちですが、それは大きな間違いです。
実は、大人になってから腸内環境を整えたり免疫力をつけようと思っても遅いのです。子供のうちに乳酸菌を摂取してお腹の調子を整えて、健康な腸を作っておかないと、中学生・高校生はもちろん、そのあと大人になってからも病気がちで、お腹を壊しやすい弱い身体となってしまうのです。老廃物や有害物質が長く腸内に停滞している「便秘」も、栄養素を吸収しきれず排出してしまう「下痢」も、乳酸菌が不足し、腸を育てられていない証拠なのです。

 

腸内環境を整え、テリトリーを作る乳酸菌

ではなぜ、乳酸菌を摂取することが腸内環境を整えることに繋がるのでしょう。腸内には、約100種・100兆個もの細菌が存在し、乳酸菌をはじめとする人間の身体にとって良い働きをする善玉菌と、ウェルシュ菌など身体に悪影響をもたらす悪玉菌が生息します。これらは同じ種類同士集まり、それぞれテリトリーを作ります。
善玉菌は腸の運動を助け、有害物質や発がん性物質など悪性新生物の発生・繁殖を防ぎます。一方、悪玉菌は腸の運動を妨げ、脂肪分を栄養にして有害物質をどんどん増殖させます。脂肪分が多く食物繊維の少ない食事を摂り続け乳酸菌が不足すると悪玉菌が繁殖します。さまざまな病気にかかりやすくなるのはこのためです。
善玉菌が優勢だと、腸内は清潔に保たれますが、悪玉菌が優勢だと初期症状として口臭・体臭が発生します。子供さんの口臭・体臭が気になったら、腸内環境の悪化を疑いましょう。

 

善玉菌=乳酸菌を子供の腸内に増やそう

悪玉菌優勢の腸内環境は、免疫力の低下を意味しますが、さらに言えば子供さんにアトピー性皮膚炎が見られた場合、こちらも一説では悪玉菌も一因とされています。悪玉菌が発生させる体内の有毒ガスを、なんとか排出しようとする働きが皮膚に出ているとされているのです。
そのため、腸内環境を良好にする、つまり善玉菌=乳酸菌を増やしておくことが子供の健康に良いのです。免疫力を上昇させ、健やかな身体を継続させることは、子供のこれからの人生に大きな意味を持ちます。
しかし、免疫力をあげるためとはいえ、ただ乳酸菌を摂取するだけではいけません。食物繊維やカルシウム・亜鉛・鉄分・ミネラルなど、バランスのとれた食事を摂るのはもちろん、室内でこもって遊ばせるのではなく、外に出て身体を動かす、という習慣も身につけさせてあげましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.