腸内環境を整える乳酸菌と便通を改善するのに薦められる食物繊維の関係は | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 腸内環境を整える乳酸菌と便通を改善するのに薦められる食物繊維の関係は

腸内環境を整える乳酸菌と便通を改善するのに薦められる食物繊維の関係は

腸内環境を整える乳酸菌

 

腸内環境を整えることは、全身の健康を守ることにもつながるといわれています。腸内環境が悪いと、便通が悪くなり、体の不要な排出物をため込んでしまうことになります。便秘は肌荒れや腹痛のほか、頭痛や吐き気に至ることもあります。乳酸菌は腸内で良い働きをする善玉菌です。腸内で善玉菌が優勢になると、善玉菌が作り出す有機酸によって腸内が弱酸性になります。この酸が大腸の内壁を刺激してスムーズな便通につながります。腸内で悪玉菌が優勢になると腸内がアルカリ性になり、大腸の動きが鈍くなり、便通が悪くなります。善玉菌と悪玉菌のどちらにも属さない日和見菌は、優勢な方の味方になります。ですから、乳酸菌のような善玉菌を増やして日和見菌も味方につけ、常に腸内を酸性にすることが、便通を改善するために必要です。

 

乳酸菌と食物繊維の関係

 

便通を良くするためには、バランスの良い食生活をすることが大切だといわれています。特に現代人は野菜不足といわれていますが、肉食中心の食事は脂質やたんぱく質が多くなる傾向があり、悪玉菌を繁殖させる腸内環境になりがちです。多くの野菜に含まれる食物繊維は、便の材料となり、便通を促します。食物繊維が便秘に効果があるといわれている理由です。また、食物繊維は乳酸菌のエサとなり、乳酸菌を増やす働きも持っています。乳酸菌と食物繊維はとても相性がよく、出会うことによって効果をより発揮してくれるのです。善玉菌を優勢にし、腸内で活躍させるには、食物繊維をたくさん摂取しなければいけません。便通を改善するには、食物繊維の豊富な食品だけでなく、乳酸菌を含む食品も一緒に摂取することで、相乗効果が得られるといえます。

 

サプリメントで補うという方法も

 

乳酸菌を含む食品としては、ヨーグルトが有名ですが、その他にもたくさんの発酵食品に乳酸菌が含まれています。例えばチーズや味噌、納豆、しょうゆといった食品です。和食に使われる食材の中にも乳酸菌が含まれているのです。もし、これらの発酵食品が苦手という人には、サプリメントの利用もおすすめです。乳酸菌サプリメントなら、ヨーグルトなどが体質に合わない人でも摂取できますし、好みでない食品を食べる必要がありません。また、サプリメントのメリットは、体や腸内に吸収されやすいような仕組みになっている点です。摂取効率がよいのです。また、持ち運びにも便利なので、外出先や旅行先などでも手軽に補うことができます。腸内で乳酸菌が効果を発揮するために、毎日継続して摂取するように心がけましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.