代表的な善玉菌の乳酸菌を摂取すると便通改善に役立つ | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 代表的な善玉菌の乳酸菌を摂取すると便通改善に役立つ

代表的な善玉菌の乳酸菌を摂取すると便通改善に役立つ

乳酸菌を摂取して便通改善

 

便秘には、便通が3日に1回、週に2〜3回しか出ないというような定義はありません。だいたいこういう頻度ですが、一回に出るようによってもすっきり感は違いますから、人によって異なることもあります。
いずれの場合にしても、便通が悪い状態は気持ちがすっきりしないものです。さらに悪いことに、便秘が続くと腸内の老廃物が増えて、悪玉菌が増えてしまいます。
逆に乳酸菌などの善玉菌は勢力を失い、体に悪い働きをする悪玉菌が優勢になっていきます。
悪玉菌が増えると便通の問題だけではなく、発がん率を高めたり、高血圧やアトピーなどの引き金になることもあります。これを改善するためには、乳酸菌やビフィズス菌のような善玉菌を外側から摂取して、腸内環境を整えてあげることが大切です。

 

便通改善に良い乳酸菌とは

 

乳酸菌と一口に言っても、種類によってそれぞれ効果が違います。便秘改善に効果を発揮するのは、有胞子性乳酸菌と呼ばれるもので、従来の乳酸菌よりも熱や酸に強い性質を持っています。従来の乳酸菌だと、熱や胃酸によって死んでしまいます。死んだ乳酸菌でも腸内の善玉菌のエサにはなるのですが、もっと効率よく摂取するには熱や酸に強いものの方が良いのです。
有胞子性乳酸菌は、胃酸や胆汁の刺激を受けても死んでしまうどころか、腸内で活動を開始するという性質を持っています。そして、腸内で増殖して悪玉菌が嫌がる乳酸を作り続けてくれます。
善玉菌を効果的に増やすためには、熱や酸によって死滅してしまわない性質を持っている乳酸菌がオススメです。サプリに配合されているものもあります。

 

善玉菌で理想的なお通じを

 

便は腸内のバロメーターです。医療機関に行けば大腸を観察できる機械はありますが、毎日大腸の様子を見るために病院に行くのは大変です。しかし、そこまでしなくても便の状態を見れば、ある程度腸内の健康状態はわかります。
理想的な便が出ていれば、腸内環境が整っている証拠なので全身の調子も良くなります。理想的な大きさはバナナ2〜3本分で、約200〜300gです。大便の大半は水分なので、割と重さがあります。
硬さは、練り歯磨きくらいが理想的です。これだとキレが良く、すっきりして残便感が残りにくいからです。ウサギの便のようなコロコロした大便が出ているようならば、悪玉菌が優勢で腸内細菌の代謝がうまく言っていない可能性が高いです。また、形が崩れているものも腸内細菌の量が減っている証拠です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.