乳酸菌を腸内環境改善に役立てて快適な便通をサポート | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌を腸内環境改善に役立てて快適な便通をサポート

乳酸菌を腸内環境改善に役立てて快適な便通をサポート

乳酸菌が便通に与える効果とは?

 

腸の中には無数の細菌が存在していて、体に良い効果をもたらす細菌もいれば、悪さをする細菌もいます。乳酸菌は体に良い影響を与える代表的な菌になり、腸内環境を整える目的で利用されています。体内での乳酸菌の活動は、食べ物から摂取したブドウ糖を乳酸に変換することです。腸内環境は弱酸性に保たれていることが良い状態になり、腸内がアルカリ性に傾いてくると、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌と呼ばれる細菌が増えやすい環境になってきます。悪玉菌は腸にある物質を腐らせて有毒なガスを発生させるので、そのままの状態が長く続いてくると、お腹の膨満感が強くなってガスが頻繁に出るようになり、便秘や下痢などを引き起こすので快適な便通から遠ざかってしまいます。腸内環境を弱酸性に整える最も簡単な方法は食べ物の力を借りることなので、乳酸菌パワーで便通を促していきましょう。

 

見えない腸内環境をチェックするには

 

秘が続いていたり、お腹にガスがよくたまるような腸内環境は、悪玉菌が大半を占めているといっても過言ではありません。自分の目で見ることはできない腸内環境をチェックするには、便の状態を見てみましょう。理想的な便といわれるのは、水分を適度に含んだバナナのような便です。腸内が弱酸性になっていると、黄土色の便になり臭いもきつくありません。便通が少ないと腸内で便の水分を吸収してしまうため、硬くて黒っぽい便が出ます。うさぎのフンのようにコロコロとした便になることもあり、臭いが強くなってきます。反対に水分が多すぎるのも、悪玉菌が多い時に出る便の特徴です。腸はストレスを受けやすい部分でもあるため、下痢と便秘を繰り返すことが多い時や、便が細くて何となく腸がスッキリしないような時は、ストレスの影響を受けている可能性もあります。

 

便通を促すには乳酸菌との相性が大事

 

食生活やストレスの影響を受けて便通が滞ってくると、腸内環境が悪玉菌でいっぱいになってしまい、ますます便通が悪くなってしまいます。乳酸菌のパワーで善玉菌を増やしてデトックスを高めることは、便通を良くするのに効果的です。しかし人によっては、乳酸菌を摂取したけれど、効果が実感できなかったというケースもあります。ここで問題になるのは、乳酸菌と腸の相性です。乳酸菌は特定の細菌を表す名称ではなく、乳酸を作り出す細菌の総称になり数多くの種類が存在します。腸内環境は食べ物や生活環境の違いによって、細菌の種類も違いが出てきます。ですから便通を良くするためには、既に腸に存在している善玉菌の役に立つ乳酸菌を摂り込むことが大事です。特定の乳酸菌を摂取してみて効果が無かったとしても、別の乳酸菌が効果を発揮することもあるので、できれば色々な種類の乳酸菌を試してみましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.