花粉症を予防したいと思ったら乳酸菌を摂ることが効果的 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 花粉症を予防したいと思ったら乳酸菌を摂ることが効果的

花粉症を予防したいと思ったら乳酸菌を摂ることが効果的

花粉症は免疫システムの過剰反応

 

人には有害なウィルスなどの感染を未然に防ぐために免疫機能が備わっています。病気にならないために重要なシステムです。正常に働いている時には問題とならない免疫システムも、過剰反応をすると大変なことになります。
それが花粉症です。花粉を敵と考えた免疫システムが追い出すために行うことが、鼻水やくしゃみです。また、目にかゆみが生じさせます。これはIgE抗体による働きです。その他にもTh1細胞とTh2細胞の2種類の免疫細胞も花粉症の原因になっている言われています。アレルギー反応に対して促進と抑止の働きをする免疫細胞でバランスが崩れることで花粉症などの症状を発症するようになります。
花粉症は、そもそも必要ない免疫システムの勘違いから発症していることになります。

 

乳酸菌が花粉症に与える影響

 

乳酸菌が花粉症に効くと言われても直接的な働きを簡単にイメージすることはできません。鼻水やくしゃみなどの鼻の症状と目のかゆみが主な自覚症状としたら、乳酸菌が影響する部位とは思えません。
それもそのはず、乳酸菌が効果を発揮するのは抗体や免疫細胞に対してです。花粉に対して過剰な反応をするIgE抗体によって辛い症状は起こります。だからIgE抗体をなるべく産生されないようにすれば予防することができます。
乳酸菌にはその効果が期待できます。また、そのアレルギー反応を促す働きのあるTh2細胞を抑制する効果がある乳酸菌もあります。Th2細胞の働きが抑制されることでTh1細胞の働きが優勢になりアレルギー反応を抑えることができます。結果として予防につながります。

 

花粉症の予防に効果的な乳酸菌

 

乳酸菌にもいろいろな種類があります。中でも予防効果が高いとされている乳酸菌がいくつかあります。L-92乳酸菌はTh2細胞を抑制する効果があるとされています。一定期間摂取することで改善が見られたと言う結果が確認されています。
KW乳酸菌を摂取したことによりIgE抗体の濃度が低下し、Th1細胞とTh2細胞のバランスが改善されたと言う実験結果があります。その他にもフェカリス菌やビフィズス菌bb536を一定期間摂取した人に花粉症の予防ができたと言う結果も確認されています。免疫細胞の約6割が腸内に存在している言われています。
乳酸菌による整腸作用は、腸内環境を整えて免疫システムの改善につながります。直接的な作用は解明されていないまでも予防効果に関連するものもあります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.