免疫力を向上させる乳酸菌は、花粉症を悪化させる可能性もある | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 免疫力を向上させる乳酸菌は、花粉症を悪化させる可能性もある

免疫力を向上させる乳酸菌は、花粉症を悪化させる可能性もある

乳酸菌の免疫活性化力

 

乳酸菌を積極的に摂取すると、腸内の善玉菌が増えると同時に悪玉菌が相対的に減少することから、腸内環境が改善され体の免疫力が向上します。このため、様々な病気に罹患した場合でも重症化を防ぐことができるなど、多くのメリットがあるとされています。
ノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎については、日頃から乳酸菌を摂取することで予防効果があるとされ、冬期に流行するインフルエンザについても、免疫の活性化により予防だけでなく、罹患した際の症状を和らげると言われています。これらは、乳酸菌の免疫活性化力が作用していると考えられています。
しかし、一部の症状については、乳酸菌を摂取しただけでは予防効果を得られないものがあります。例えば花粉症に関しては、乳酸菌の摂取が逆に症状を悪化する可能性があるとも言われています。

 

花粉症の原因と発症するメカニズム

 

花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎のことで、春先にスギやヒノキなどの植物から花粉が発散され、その花粉が体内に侵入し極度のアレルギー症状を引き起こすことで発症します。
主な症状はくしゃみや鼻水、鼻づまりなどで命に関わるものではありませんが、集中力の低下による二次的な損失の方が大きいとされています。
発症のメカニズムは、体内に侵入した花粉を異物とみなし、抗体ができあがることにあります。一度体内に花粉のIgE抗体が作られてしまうと、以降は花粉が侵入するたびにヒスタミンが分泌されるため、くしゃみや鼻水といった症状が必ず出ることになります。
これらの症状を抑えるためには、ヒスタミンの分泌を抑えるよう抗ヒスタミン剤を服用するか、もしくは体質の改善が必要となるため、乳酸菌を摂取したとしても大きな効果を期待することはできません。

 

乳酸菌が花粉症を悪化させる可能性も

 

乳酸菌の摂取により腸内環境は良くなりますが、ヨーグルトには動物性タンパク質が含まれているため、かえって悪化させてしまう可能性が無いとは言えません。また、花粉症は免疫機能の過剰反応としての一面もあり、免疫力を活性化させることは花粉症の悪化を招く危険性もあります。
花粉症を悪化させることなく効果を期待するには、動物性タンパク質が含まれない乳酸菌のサプリメントを摂取するなどの方法もありますが、花粉症はヒスタミンの分泌が根本的な原因となっていることから、乳酸菌の摂取だけでは症状の改善を期待するのは難しいと考えられます。
このため、乳酸菌の摂取は花粉症を抑えるための摂取とは考えずに、花粉症の対策は別の方法で対処することが最善策となります。体質によっては乳酸菌によって良化することもありますが、通院などにより最善と言える方法を見つけ出すことが優先されます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.