乳酸菌には幾つかの種類が存在し相乗効果をもたらす上で期待可能 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌には幾つかの種類が存在し相乗効果をもたらす上で期待可能

乳酸菌には幾つかの種類が存在し相乗効果をもたらす上で期待可能

乳酸菌の定義やその種類

乳酸菌は糖を分解することで、乳酸を作り出す菌のことを言うとされ、人体には必要不可欠な存在としても意識されています。また人間の腸内を始め漬物やヨーグルトなどの発酵食品などにも含まれ、健康ブームを背景に注目された存在です。
その定義としては自ら動くことができず、毒性物質を排出しない、酸素があっても生きることができるなどの性質を持つ菌のことを乳酸菌と言われます。乳酸菌の種類には400種類も確認されており、人体で見つけることのできるタイプの乳酸菌の種類は10種類程度です。
体にも有用な細菌となるため、その属する種類や株などに違いが見られるのも事実で、中には一緒に摂取することで相乗効果をもたらす場合もあります。相乗効果が高まれば、より病気予防や免疫力のアップにも期待できることとなり、その摂取が望まれます。

乳酸菌同士の忌避反応があるか

よく善玉菌は悪玉菌を捕食したり、攻撃を行うという話が聞かれますが、善玉菌も菌同士なので忌避反応を起こすことがあるかが気がかりとなります。それについては、善玉菌の作用がほとんど一緒であるため、悪玉菌に抗することはあっても善玉菌同士が争うということはほとんどないです。
むしろ強い味方を得たとして相乗効果が高まるとして期待ができるとする見解も多くあります。人体の腸内には沢山の菌が生息しているため、当然、善玉菌・日和見菌・悪玉菌の三つのタイプに分かれています。
要は善玉菌の数と種類が増えると健康維持や病気予防、免疫力の強化に優れる訳で、バランスよい乳酸菌の摂取は望まれることの一つです。多様な乳酸菌を摂取していくことは望ましく、サプリメントなどでは幾つもの乳酸菌の種類を配合させたタイプも販売され、その開発の意図は相乗効果を目的としています。

乳酸菌は効果や性質に違いがある

乳酸菌は人体には有用な存在として期待されていますが、種類ごとに効果や性質に違いが見られる点があります。ヤクルト菌なら胃の消化液に強く生きたまま腸に届く、LG21菌ならピロリ菌の発生を抑制する、プラズマ乳酸菌は風邪やインフルエンザに強いなど効果が種類ごとに違いが見られます。
近年は乳酸菌自体が胃液などにも強いタイプが開発されており、それを摂取することが効果を高める上で推奨されています。もちろん腸内に複数の乳酸菌が存在すれば、相乗効果が高まることに期待が持てます。
ただ実際には詳細に乳酸菌のことを把握することが難しくなっているため、幾つもの種を含んでいるサプリメントを摂取することで簡単に摂取できます。従って相乗効果を期待する上では、ヨーグルトやドリンクを飲むよりもサプリメントを服用することがオススメとなります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.