実はこんなにたくさんある、お腹にいい乳酸菌の種類と特徴 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 実はこんなにたくさんある、お腹にいい乳酸菌の種類と特徴

実はこんなにたくさんある、お腹にいい乳酸菌の種類と特徴

乳酸菌とはどんなもの?

乳酸菌と聞くと、なんとなくお腹によさそうという印象ですが、実は乳酸菌にもたくさんの種類があり、その数は200種類以上と言われています。動物や人間の腸内にも存在する乳酸菌は、ブドウ糖を分解して乳酸に変え、腸内を酸性に保つことで腸内環境を保ち、整腸作用、免疫力アップ、抗アレルギー作用などに役立っています。乳酸菌が含まれる食品には、ヨーグルトや味噌などの発酵食品があります。最近では乳酸菌の種類ごとの働きの違いに注目して、乳酸菌の名称をはっきりと掲示したグルとなども販売されるようになっています。このことから、ただお腹にいいという漠然とした情報だけではなく、インフルエンザの予防やピロリ菌の抑制などの特徴から、消費者が必要なものを選べるようになってきました。

病気に負けない体を作る乳酸菌

乳酸菌には種類によって様々な特徴があることが分かっています。中でも注目したいのがインフルエンザの予防に効果があったり、花粉症などのアレルギー症状の改善が期待できるものなどです。インフルエンザの予防に役立つといわれている主なものには、プラズマ菌、モラック菌。抗アレルギー作用のあるものには、KW菌、L-92、フェカリス菌などがあります。これらを摂取することによって、体内の免疫力がアップし、病気に負けない強い体を維持することに役立ちます。また、LG21という乳酸菌は、胃の中で長く生き続けるという特徴があり、ピロリ菌の活動を抑えることができるとして注目を集めています。ピロリ菌は胃痛や胸やけの原因になったり、胃潰瘍や胃がんなどの病気にもつながると考えられています。

美容と健康に欠かせない腸内環境

日本人は味噌、醤油、漬物などの発酵食品から自然に乳酸菌を多く摂取してきました。現に、昔からある京都の漬物からはラブレ菌が発見されています。生きて腸まで届き、腸管にも長くとどまることができるものですが、これは植物性乳酸菌の特徴で、腸内環境を整えるのに有効です。また、昭和10年に日本で発売された乳酸菌飲料は、今や世界中で健康飲料として飲まれています。そこで使われているのがヤクルト菌。非常に知名度も高く、日本では知らない人はいないといえるでしょう。このように乳酸菌はお腹の調子を整えることを基本に、種類によって様々な特徴があることが分かります。乳酸菌は毎日とることで少しづつ効果が表れてきます。美容と健康のためにも、日々の生活に取り入れていきましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.