たくさんある乳酸菌の種類とたくさん含まれている食品 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > たくさんある乳酸菌の種類とたくさん含まれている食品

たくさんある乳酸菌の種類とたくさん含まれている食品

乳酸菌は人にとって必要な菌です。

乳酸菌は腸内環境を正常に整えてくれる、人にとって必要な腸内善玉菌です。不足することで、便秘や肌荒れなどを起こし体にさまざまな悪影響を与えます。乳酸菌は腸内で糖を分解し乳酸を作ります。この乳酸が腸の粘膜を保護したり、便を排出するための腸の動きを良くしてくれます。便秘が続くと体内では腐敗した便により、悪玉菌が増殖します。そのため肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。積極的に乳酸菌を摂取し腸内の善玉菌を多くするようにしましょう。また、この乳酸菌の餌はオリゴ糖です。乳酸菌をたくさん含む食品と一緒にオリゴ糖を含んでいる食品も摂取することで、腸内で善玉菌を増やす効果が期待できます。また、カルシウムを吸収するのを助ける効果もあります。女性は積極的に摂取したい有効な菌です。

乳酸菌の種類とその効果

乳酸菌にはたくさんの種類があります。古くから有名なのはヤクルト菌です。このヤクルト菌は生きたまま腸に届き、腸内のビフィズス菌を増やしてくれます。また、ガゼリ菌SP株も生きたまま腸内に届く特徴を持っている種類です。また、長く腸内にとどまることも知られています。最近良く名前を聞くようになったのはLG21乳酸菌です。この種類は他の種類に比べ、胃の中で生きていられることが知られています。そのためピロリ菌などに効果的と言われています。また、乳酸菌にはアレルギー症状を抑える効果を持った種類もあります。フェカリス菌やL-92乳酸菌、KW乳酸菌は免疫力をアップしたり、免疫のバランスを整えるなどの効果があります。そのため、花粉症やアトピー性皮膚炎などの改善に期待できる乳酸菌の種類です。

乳酸菌が含まれる食品

乳酸菌を多く含む食品で有名なものは、なんといってもヨーグルトです。ヨーグルトはスーパーで手軽に購入でき、最近ではLG21やガゼリ菌などさまざまな種類を摂取することが出来るものが増えています。一番手軽に摂取することが出来る食品です。また、同じ乳製品ではチーズにも多く含まれています。これらは主に牛乳を原料とした動物性のものです。また、植物性のものもあります。植物性のものは、大豆や漬物など発酵させたものに多く含まれています。ぬか漬けや塩漬け、キムチにもたくさん含まれていることがわかっています。また、味噌や醤油などももともとたくさん含まれる食品でしたが、最近では殺菌処理を行っているため含まれていない可能性もあります。摂取することを考えると、ヨーグルトや漬物などをバランスよく食べることが大切です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.