数多くある乳酸菌の種類と目的別で選ぶ正しい選び方とは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 数多くある乳酸菌の種類と目的別で選ぶ正しい選び方とは

数多くある乳酸菌の種類と目的別で選ぶ正しい選び方とは

乳酸菌の種類と特徴とは

乳酸菌と一言で言っても、その種類は数多く存在していて今見つかっているだけでも200種類以上にも及びます。またそれぞれの種類によって体内の生息する部分が違ったり、体にもたらしてくれる効果も異なりますので、自分に合った乳酸菌を選ぶ必要があります。正しい選び方をするには、まず初めに乳酸菌の種類について知る必要があります。まずはよく耳にするガセリ菌SP株ですが、これは日本人由来の乳酸菌となっている為、日本人には相性の良い菌になります。効果としては腸内脂肪蓄積を抑制したり、ストレス軽減効果、コレステロールを低下する働きがあります。

次にR-1乳酸菌も有名ですが、こちらはインフルエンザ予防に効果がある非常に特殊な効果を持った菌になります。L29も有名ですが、生きたまま腸に届く菌となっていて、胃酸や胆汁酸に強いのが特徴になります。

配合されている乳酸菌の種類と選び方

乳酸菌は数多くの種類が存在していて、それぞれに違った効果がありますので、選び方が重要になるのですが、サプリメントなどでも配合されている種類を知ることが正しい選び方をするポイントになります。例えば便秘でお悩みの方や、花粉症、アトピーといったアレルギーにお悩みの方であればL-55乳酸菌が効果的になりますし、kw乳酸菌もアレルギー症状を緩和する働きがある事が分かっています。他には悪玉コレステロールが多い方の場合にはヤクルト菌やL29乳酸菌が効果的になりますし、ラブレ菌はがん細胞を攻撃して排除してくれる働きを持つNK細胞を活性化させる効果を持っています。このように種類によって効果が全く異なりますので、選び方としてはどの種類がどのような効果があるのかを把握することです。

乳酸菌の選ぶ方は安全性と副作用も重要

乳酸菌は納豆やヨーグルト、チーズなどの発酵食品に含まれていて、過剰摂取をしたとしても体に悪影響を及ぼすことはありません。しかし、サプリメントとして摂取をした場合には安全性や副作用に関しても気を付ける必要があります。乳酸菌そのものは体内に生息している成分ですので、安全ですしサプリメントも成分を凝縮したものですので、適切な量を守っていれば安全なものです。

また副作用も基本的には存在していないのですが、過剰摂取をしてしまうとお腹が緩くなってしまったり、逆にお腹が張るといったこともあるようですので、適切な量を守るようにしてください。乳酸菌との相性もありますので、服用をして体調が悪くなったり、あまり変化がないような場合には、相性が悪い可能性がありますので服用を止めて、他の成分を配合しているものを試してくてください。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.