知っておきたい乳酸菌の種類と作用とおすすめの取り方 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 知っておきたい乳酸菌の種類と作用とおすすめの取り方

知っておきたい乳酸菌の種類と作用とおすすめの取り方

乳酸菌の種類について

乳酸菌は体の調子を整える効果がある事から近年注目されていますが乳酸菌とひとくちにまとめても実は種類があるのはご存知でしょうか。現在確認されているものでも200種類以上あると言われていて大きく分けて動物性のものと植物性のものの2種類に分けることができます。昭和10年ごろから乳酸菌飲料で親しまれている乳酸菌シロタ株やガセリ菌SP株、L-92乳酸菌などは動物性のものでヨーグルトやチーズなどの牛乳の発酵食品に含まれている菌のことで乳糖を分解して乳酸をつくるタイプの乳酸菌です。

植物性のものは漬物や味噌・醤油などの植物を原料にした発酵食品に含まれている菌で、植物に含まれるブドウ糖や果糖などを分解して乳酸を作るものをいいます。効果も少しずつ種類によって異なるので自分にあった作用のものを見つけるのが大切です。

乳酸菌の作用は菌によって異なります

乳酸菌の作用としては整腸作用や免疫力を上げるなどが一般的に知られていますが、菌によって作用が特徴が少しずつ異なります。有名な乳酸菌シロタ株やは胃酸などの消化液で死滅しやすい乳酸菌の中でも生きたまま腸に届き体の調子を整える善玉菌のひとつであるビフィズス菌を増やす働きがあるので腸内環境を整えたい方にとくにおすすめです。

胃酸に強いLG21はでピロリ菌の活動を抑える効果が期待されているほか、L-92乳酸菌などはアレルギー改善が期待できる菌となっています。植物性のものは動物性のものと比べると塩分が多いなど過酷な環境で生きている菌のため一般的に生きて腸まで届く能力が高いとされています。コレステロールを下げたり貧血を予防するなどの作用が期待できるものあります。

乳酸菌を効率的に摂取するには

乳酸菌を効率よく摂取したいと思ったのならサプリメントを利用するのがおすすめです。ヨーグルトなどの食品を利用して摂取するのも良いですが菌の効果を得る為にひとつの同じ食品を取り続けるのは栄養が偏ってしまうためおすすめできません。またチーズや漬物などには塩分も多く含まれているため大量に摂取することは避けるようにしましょう。

それぞれの菌の作用に注目して購入するのも大切ですが、乳酸菌は人それぞれ違う相性があるため摂取したことによって調子が悪くなるなどがあった場合には使用を中止することをおすすめします。2週間ほどを目安に自分の目的にあった効果が無かった場合に他の菌を摂取してみましょう。サプリメントには複数の菌を配合しているタイプのものも販売されています。自分にあったものを選んで摂取して下さい。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.