花粉症の症状を抑えたいなら乳酸菌を取って腸内環境の改善 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 花粉症の症状を抑えたいなら乳酸菌を取って腸内環境の改善

花粉症の症状を抑えたいなら乳酸菌を取って腸内環境の改善

腸内環境の改善が花粉症に影響

春先になると始まるのが花粉症です。飛来する花粉に免疫システムが過剰に反応して鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの花粉症の症状を起こします。だから、免疫システムさえ正しく働いてくれれば、花粉症などの辛い症状に悩まないはずです。
そこで大きな役割を果たすのが腸内環境です。腸内には、体全体にある免疫細胞のうち約6割が集まっています。腸内環境が悪化すれば、免疫システムの6割が正しく機能しないのと同じ状況になります。花粉症の症状を抑えたいなら、乳酸菌を摂取して腸内環境の改善から始めるのが効果的です。腸内環境を整えて免疫システムを正常化させて過剰な反応をさせないようにします。そのためには良質な乳酸菌を多く摂取しましょう。腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌よりも多い割合にしてあげる必要があります。

 

腸内環境を改善するための乳酸菌

乳酸菌がお腹に良いと言われていますが、どのように良いのでしょうか。
腸の中には細菌が多く存在しています。その細菌を健康への影響から善玉菌と悪玉菌に分けることができます。腸内環境は、善玉菌の割合が悪玉菌よりも多い状態になっていることで整っていると言われます。善玉菌を増やす方法は、元となる乳酸菌を多く摂取することです。腸に届いた乳酸菌は、善玉菌となりその相対数を増やします。結果として、悪玉菌よりも多くなることになります。
乳酸菌にもいろいろな種類があるため、熱に強いものや胃酸に負けないような強い乳酸菌を選ぶことが重要です。1日あたり100gから200gのヨーグルトで必要な乳酸菌を摂取できるとされています。最近では機能を高めた乳酸菌も多く発売されています。

 

乳酸菌で改善される腸内環境

腸内環境を改善するためには継続的な乳酸菌の摂取が必要です。一度改善した状態になっても、維持されなければ、また元の状態に戻ってしまいます。
生活習慣の変化によって腸内環境は常に影響を受けます。過度な飲食、アルコール、寝不足、ストレスなど悪影響を及ぼすものがたくさんあります。それらをできる限り控えることは重要ですが、全くなくすことは無理でしょう。だからこそ、継続的な乳酸菌の摂取が必要になります。
継続的な摂取によって、多少バランスが崩れても正常な状態に戻りやすくなります。腸内環境が正しく機能していれば、花粉症だけではなく免疫によるウィルスの耐性も高くなります。
生活習慣を見直してヨーグルトなどの定期的な摂取を続けることで健康な腸内環境を維持し続けましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.