乳酸菌にはさまざまな種類があり、それぞれ効果にも違いが | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌にはさまざまな種類があり、それぞれ効果にも違いが

乳酸菌にはさまざまな種類があり、それぞれ効果にも違いが

植物系と動物系の乳酸菌

乳酸菌にはさまざまな種類があり、それぞれに効果も違います。分類方法はいろいろありますが、まずは、大きく、植物系と動物系に分けられます。植物系乳酸菌は、植物が含んでいるブドウ糖や果糖を分解して乳酸をつくり出しています。日常の食品では、味噌やしょうゆ、キムチなどに含まれています。動物系乳酸菌は、乳糖を分解して乳酸をつくっていて、ヨーグルトや乳酸菌飲料、ナチュラルチーズなどに含まれています。植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも酸やアルカリ、温度の変化に強く、胃酸や胆汁などによって死滅することなく、腸まで届く割合が多いとされます。腸まで届けば、そこでパワーを発揮できます。動物性乳酸菌は、胃で死滅してしまうことが多いですが、植物性より量を多く摂りやすいです。

最新技術で新たな種類も

漬物やヨーグルトなどに含まれることからもわかるように、乳酸菌は古来から人々の身近にあり、豊かな食生活や健康づくりに大いに役立ってきました。近頃では最新技術を駆使して、特定の目的を果たせるような乳酸菌も、続々と開発されています。人の胃の中に生息し、胃がんを引き起こすピロリ菌を退治できる乳酸菌も、その代表例です。ピロリ菌は胃酸にも影響されず、胃に生息できる唯一とも言われる菌で、退治するには医療機関で処方された抗生物質を使うことになります。最近は、ピロリ菌を退治する種類として開発された動物系乳酸菌が、ヨーグルトに混ぜられて市販されています。動物系は従来は胃ですべて死滅しますが、その新しい種類の乳酸菌は、胃で死滅することなく、住み着くことができます。

種類による違いで使い分けを

乳酸菌の種類は数え切れないほどあり、それぞれで作用も違いますので、各種類の特徴を見極め、用途に合わせて使い分けることが望まれます。ヨーグルトなどのパッケージにも、乳酸菌の種類が表示されています。それぞれの違いに着目し、自分の求める働きを持つ種類を購入したいものです。違いを知るには、インターネットで検索するのがおすすめです。名称を入力すると、個々の働きの特徴がわかります。古来から人類に役立つものとして利用されてきたものですが、今後は遺伝子解析などにより、各菌の特徴もより明らかになり、用途に合わせた使い分けもますます効率的におこなえるようになると予想されます。特定の目的をかなえるために有効に働く菌も、次々と開発、発見されています。それらを役立てていきたいものです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.