効果が長続きするといわれる植物性乳酸菌が含まれている食品 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 効果が長続きするといわれる植物性乳酸菌が含まれている食品

効果が長続きするといわれる植物性乳酸菌が含まれている食品

植物性乳酸菌を食品で摂るには

植物性乳酸菌は、乳製品を発酵させて作った食品には含まれていません。ですからチーズやヨーグルトを食べたとしても動物性になり、植物性乳酸菌は摂取できません。では、どのような食品を選べば良いのかというと、野菜を発酵して作った食品を選びましょう。和食は植物性乳酸菌を含む食品が多いことで知られていて、ごはんのお供にぴったりのぬか漬けや野沢菜などの漬物、納豆などの加工食品、味噌や醤油といった調味料や日本酒にも含まれています。和食以外にはハンバーガーに入っているピクルスや、千切りしたキャベツを塩漬けにしたザワークラウトなど、主に酸味のある食品に多く含まれています。ですから、味噌汁を毎日飲んだり漬物を食べたりすることは、植物性の乳酸菌を定期的に摂っていることになります。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

動物性の乳酸菌よりも植物性が良いといわれるのは、耐久性や持久力が動物性の菌よりも優れているためです。乳酸菌は高温や胃酸に弱い性質があり、体内に摂り込んだとしても途中で死んでしまうことが多くなります。死んでしまった乳酸菌は、体内の善玉菌のエサになるのでムダになることはなく、腸を活動を高める効果はあります。しかし腸内環境を現状よりも良くするには、生きたまま腸まで送り届けることが大事です。植物性乳酸菌は塩分が多い劣悪な環境の中でも生き抜く力を持っているため、生きたまま腸に届く確率が高くなり、腸に届いた後でも長くとどまるという特徴があります。ただ、腸には色々な種類の善玉菌が生息しているので、同じ菌ばかり摂取するよりもたくさんの種類の菌を摂取した方が、腸に働きかける力が高まります。

植物性乳酸菌の種類とは

漬物などの食品に含まれている植物性乳酸菌の種類には、京都の漬物から発見された「ラブレ菌」、ザワークラウトに含まれている「ラクトバチルス・プランタラム」、味噌に含まれている「テトラジェノコツカス・ハロフイルス」、キムチなどに含まれている「ペデイオコツカス・ペントサセウス」などの種類があります。
サプリメントでは、菌が生きたまま届くように高温加熱をせずにフリーズドライ製法を採用した物や、免疫力の向上を目的として初めから死んでいる菌を届ける物もあります。一度に摂取できる菌の種類や量は食品を上回るので、毎日安定した量の乳酸菌を摂りたい時に便利です。腸内フローラには無数の菌が存在しているので、善玉菌の動きを活発にして増殖をさせるためにも、食品やサプリメントから乳酸菌を摂取しましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.