ヨーグルトなどの食品から摂取できる乳酸菌の成分の違いとは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ヨーグルトなどの食品から摂取できる乳酸菌の成分の違いとは

ヨーグルトなどの食品から摂取できる乳酸菌の成分の違いとは

乳酸菌が含まれている食品は?

乳酸菌が含まれている食品の代表が、ヨーグルトです。ヨーグルトの主役の乳酸菌はブルガリア菌とサーモフィラス菌という種類です。ヨーグルトは、完全栄養食品の牛乳に乳酸菌を入れて発酵させて作ります。ヨーグルトの成分は、牛乳とスターターと呼ばれるこれらの菌というわけです。
乳酸菌は善玉菌の一種で、摂取することで腸内環境を整える効果を発揮します。腸内環境が乱れると、悪玉菌が有害な物質を作り出して腸から吸収されて血液に入り、免疫力を下げたり、新陳代謝を下げたりして、様々な不調を招きます。
最近では腸の健康のために菌を積極的に摂取する菌活というのが流行っていますが、これは体に有益な乳酸菌のような善玉菌を増やすために、ヨーグルトなどの発酵食品の摂取をしようというものです。

味噌やぬか漬けの乳酸菌の成分

ヨーグルトだけではなく、味噌やぬか漬け、キムチ、塩麹といった食品にも乳酸菌は含まれています。味噌に含まれている乳酸菌は植物性乳酸菌の成分で、胃酸などの酸に強い性質を持っています。これは生きたまま腸に届いてくれます。キムチはヨーグルトと同じくらいの乳酸菌を含んでいます。
一方、ヨーグルトはチーズなどは動物性食品を発酵させる乳酸菌なので、動物性の成分です。
植物性は生きたまま腸に届きやすく、腸でしっかり効果を発揮してくれるので腸内環境を整えて便通を改善したり、免疫力をアップさせてアレルギーを緩和させるなどの作用があります。
動物性は植物性に比べると胃酸などで死んでしまうので、やや弱いですが毎日摂取しやすいヨーグルトや飲料に多く含まれているのが特徴です。

生きたままの成分を届けるなら

植物性乳酸菌ならば、食品から接しても胃酸などで死滅せずに腸まで届いて効果を発揮してくれます。逆に、ヨーグルトやチーズなどの動物性は胃酸に弱くて腸に届くまでに死滅してしまうので、腸まで届けたい場合には不向きな場合もあります。
ただし、各メーカーでは胃酸に強くて腸まで到達可能な動物性乳酸菌を発見して商品に取り入れています。整腸作用やインフルエンザ予防、アレルギー緩和に効果が期待できるヨーグルトも商品化されています。
また、ヨーグルトではなく乳酸菌サプリを使って摂取するという方法もあります。サプリだと胃酸などで死んでしまわないように特殊製法でコーティングされて、生きたまま腸まで届くように作られているものもあります。生きたままの成分にこだわるならば、こういうサプリを使ってみてもいいでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.