発酵食品に含まれる、植物性乳酸菌の特徴とその効き目 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 発酵食品に含まれる、植物性乳酸菌の特徴とその効き目

発酵食品に含まれる、植物性乳酸菌の特徴とその効き目

そもそも発酵食品とはどんなもの?

健康・美容・ダイエットなどさまざまな分野で注目されている発酵食品。しかし、発酵食品はどんなもので、どの要素が身体に良いのか、といったことは案外知られていません。ここでは、そんな発酵食品の秘密、そして含まれる乳酸菌に関してご紹介していきます。
発酵食品とは、食材を微生物など菌の作用で発酵・加工して作られた食品のことです。冷蔵庫など保管機構が存在する前から保存食として、そして食べやすくする加工のために用いられてきました。代表的なものに、納豆・醤油・味噌・漬け物・鰹節などがありますが、いずれも日本食に用いられるものばかりで、健康大国日本と言われるだけはありますよね。
この他にも、ヨーグルトやパン、紅茶、キムチなどさまざまな食品が世界中で加工され、愛用されています。

発酵食品に含まれる乳酸菌の種類

先程述べた食品に、一体どんな乳酸菌が含まれているのでしょう。まず醤油には、耐塩性乳酸菌・T.ハロフィルスが含まれています。また、味噌にも同じく含まれていますが、醤油が加熱処理して出荷されているので死菌状態なのに対し、味噌の中の乳酸菌は生きています。火を止めた後に味噌を足すのは、香りを飛ばさないためでもありますが、大部分はこのためです。
また、塩漬けの漬け物・ピクルスに含まれている乳酸菌は、P.ペントサセウスと呼ばれるものです。他にも、牛や山羊の乳を発酵させたヨーグルト、チーズなどにも多くの乳酸菌が含まれています。使用する酵母菌・乳酸菌によって、さまざまな種類のヨーグルト・チーズが作られています。よく、乳酸菌を摂取するときにヨーグルトがおすすめされるのは、製品によって含まれる乳酸菌の種類が異なるため摂取しやすいためです。

発酵食品に含まれる、植物性乳酸菌の実力

発酵させて作った食材には、多くの乳酸菌が含まれていますが、特に動物性乳酸菌を保有するヨーグルトやチーズよりも、納豆や味噌、漬け物をはじめとする植物性乳酸菌の方が耐久性が高く、効果も高いとされています。
この、耐久性という点が非常に重要で、人間が食物を体内に取り込む際、胃液・腸液で溶かしてしまいます。せっかく身体に良くても弱い菌は、腸まで辿り着くことができません。しかし、植物性のものは動物性よりも強く、腸まで到達するものが多いのです。
日本で言えば、近年発見された京都の漬け物・すぐき漬けがその代表的なものでしょう。ラブレ菌と呼ばれる乳酸菌は、塩分・酸で浸した中でも強く生き残るため、体内の胃液などの酸や塩分が含まれた水にも耐えて、腸内にまで辿り着き、さらに腸内の善玉菌を培養する力も持っているのです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.