乳酸菌やオリゴ糖を多く含む食品を摂り、腸内環境改善を | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌やオリゴ糖を多く含む食品を摂り、腸内環境改善を

乳酸菌やオリゴ糖を多く含む食品を摂り、腸内環境改善を

腸内環境を整える善玉菌

人の健康には、腸内環境が大きく関わっていることが明らかとなっています。腸内には、数え切れないほどの菌が住み着いていて、腸内フローラと呼ばれるような状況になっています。腸内フローラは人によって大きく異なります。腸内環境がいいと、便秘や下痢をすることなく、栄養状態が良くなり、健康を保つことができます。では、腸内環境を良くするにはどうしたらいいか、ということになりますが、それは、善玉菌の数を増やす、ということに尽きます。腸内には、善玉菌と悪玉菌、それに日和見菌の3種類があり、腸内フローラの菌の数は限られていますから、善玉菌が増えれば悪玉菌は減ることになります。過半数を占めている日和見菌は、善玉菌と悪玉菌で、優勢なほうに加勢するように作用します。

善玉菌を増やす乳酸菌とオリゴ糖

大事な善玉菌は、ビフィズス菌と乳酸菌から成ります。ビフィズス菌が善玉菌の99.9%を占め、残りが乳酸菌です。大半がビフィズス菌ですが、ビフィズス菌は胃酸で死滅してしまうため、食品からは摂りにくいという難点があります。乳酸菌なら、味噌やしょうゆ、漬物に含まれているものや、最近開発された、生きて腸まで届くという種類のものなら、胃酸で死滅することなく、一部は腸に届きます。それでも乳酸菌自体はもともとごくわずかな量なわけですが、ビフィズス菌を増やす働きがあるため、摂取するのは、腸内環境改善にたいへん役立つことです。バナナに多いオリゴ糖も、乳酸菌とビフィズス菌の餌となり、どちらも増やす効果があります。オリゴ糖は、そのまま腸まで届くため、非常に役立ちます。

加齢とともに減るビフィズス菌

ビフィズス菌は、食品から摂ることはほとんどできませんが、もともと人の腸内に多く生息していたものです。赤ちゃんの腸内菌は、ほとんどがビフィズス菌であると考えられます。ところが加齢とともに、ビフィズス菌は減っていき、60代になると、1割ほどになるとも言われます。加齢によって、腸内環境が悪化するのを防ぐには、乳酸菌とオリゴ糖を多く含む食品を努めて摂取することです。オリゴ糖を含む食品は、バナナや玉ねぎ、大豆食品などで、比較的身近な食材となります。乳製品に含まれる乳酸菌は、最近開発された新種の乳酸菌以外は、胃酸で死滅するため、味噌や漬物に含まれる乳酸菌で補っていきたいものです。ただ、大量に食べることは難しいので、最近登場している最新型の乳酸菌を利用するのもひとつの方法です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.