腸まで届く乳酸菌を多く含み、腸内環境を整える食品とは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 腸まで届く乳酸菌を多く含み、腸内環境を整える食品とは

腸まで届く乳酸菌を多く含み、腸内環境を整える食品とは

腸内環境を整える乳酸菌

乳酸菌は、腸内環境を整える働きがあるため、積極的に摂っていきたいものです。人の腸内には、膨大な数の菌が生息しており、その状況は、腸内フローラともよばれています。腸内フローラには、善玉菌と悪玉菌、それに日和見菌があります。善玉菌は20%ほどで、悪玉菌は10%程度、残りが日和見菌となります。日和見菌は、優勢なほうの菌に加勢するように働きますので、常に善玉菌を優勢にしておくことが大事です。善玉菌の99.9%はビフィズス菌で、残りの0.1%が乳酸菌となります。乳酸菌はごくわずかな比率となりますが、ビフィズス菌を増やす働きもありますから、腸内環境を良い状態に保つのに欠かせません。乳酸菌を多く含む食品を毎日たくさん食べ、腸内環境を常に整えておきたいものです。

腸内に乳酸菌を届ける食品

乳酸菌を多く含む食品は数多くありますが、胃酸によって死滅する乳酸菌が多いため、腸にまで届くのはわずかです。乳酸菌には植物性食品に含まれる植物系のものと、乳製品に含まれる動物系のものがあります。植物系のほうが、酸やアルカリ、温度変化などに強いため、腸まで届きやすいとされます。動物系は、最近開発された特殊な乳酸菌は別として、一般的には胃酸でほとんど死滅します。腸内環境のために摂取するなら、味噌やしょうゆ、漬物に含まれる植物系の乳酸菌を努めて摂取したいものです。ただ、大量に食べられるのは動物系を含んだ食品のほうです。ヨーグルトやナチュラルチーズなら、漬物などに比べて量が多く摂れます。最新の種類の、腸まで届く乳酸菌を配合したヨーグルトを選んで食べるのもひとつの方法です。

不規則な生活で腸内環境は悪化

腸内環境を良好な状態に保つには、食事も大事ですが、不規則な生活によっても悪玉菌は増えますから、規則正しい生活をすることも大事です。そのうえで、腸内環境を整えるような食品を摂っていきましょう。タンパク質や脂肪の多い食品は、悪玉菌を増殖させますので、必要以上の摂取は控えることが望まれます。食物繊維は善玉菌の餌となり、善玉菌の増殖を促しますから、努めて摂取したいものです。ただかさが増えて、便通が促進されるというだけではないようです。腸内環境を整えるのにも、大きく貢献しています。塩分は気になるところですが、漬物は食物繊維も乳酸菌も
両方摂れますから、ほどほどな量を食べることが好ましいと言えるでしょう。また、バナナなどに含まれているオリゴ糖も、善玉菌の餌になります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.