乳酸菌を含む食品はどのタイミングで食べると効果的? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌を含む食品はどのタイミングで食べると効果的?

乳酸菌を含む食品はどのタイミングで食べると効果的?

食前に摂るのと食後ではどちらがいい?

健康のことを考えて、乳酸菌が沢山含まれる食品をなるべく食べるようにしている方もいらっしゃるでしょう。食前と食後で比べると、食後に乳酸菌を含む食品を摂る方が、タイミングとしては効果的であるといえます。なぜなら、菌には「胃酸に弱い」という性質があり、食前や空腹時は食品が胃に入っていないため、胃酸と胆汁などによって死滅してしまいます。一方、食後は胃酸が薄くなっていますので、生きたまま腸へ届けられる可能性も高くなります。
また、善玉菌のエサとなるオリゴ糖あるいは食物繊維は、善玉菌が活発に活動する上で必要になるものです。オリゴ糖と食物繊維を食事でとっていれば、その分効果が高まります。菌の効果を考慮する場合は、食後のタイミングで摂るようした方が、効果がアップするのでおすすめです。

朝昼晩ではいつがいいのか?

乳酸菌を含む食品と聞くと、ヨーグルトやチーズなどを思い浮かべる人も多いでしょう。乳酸菌食品を食べるベストなタイミングについては、色々な説がありますが、朝または夜かで比べると、現段階では「どちらもそれほど大差はない」という研究成果が出されています。
ただし、乳酸菌食品として代表的なヨーグルトなどは、腸の活動を考えた上で、タイミングよく摂ると排泄を促す効果がアップすると考えられています。腸の働きが一番活発になるのは、22時から翌日の2時までの時間とされています。このタイミングで腸を整える乳酸菌食品を食べると、腸の働きをさらに後押しできると考えられます。そのため、夕食の際にヨーグルトを食べれば、眠っている時間に善玉菌が働き、腸がさらに活性化して腸内環境が整い、老廃物や有害物質の排出を促すと言われています。

できるだけ毎日摂取することが大切

乳酸菌を摂るなら、できればいつも同じ時間帯に摂る方が良いと考えがちですが、乳酸菌の摂取で最も大切なのは「毎日継続すること」です。
生きたまま乳酸菌が腸へ届いたとしても、乳酸菌がずっと腸にとどまる保証はないため、毎日摂ることで初めて効果が感じられます。
ダイエットや美容効果、便秘解消や整腸作用、インフルエンザ対策、風邪の予防など、乳酸菌に期待する効果は人によって様々ですが、「毎日続けるべき」という点では同じです。腸内環境を改善してダイエットしたいなら、摂取カロリーを考えて低カロリーな乳酸菌食品を選んでみるのも一つの方法です。
美味しく食べられる食品は、デザートに食べる習慣をつければ楽に続けられます。ヨーグルトが苦手な方は、乳酸菌のサプリを使う方法もあります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.