乳酸菌を多く含む食品を摂取し、腸内の善玉菌を増やす | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌を多く含む食品を摂取し、腸内の善玉菌を増やす

乳酸菌を多く含む食品を摂取し、腸内の善玉菌を増やす

腸内環境改善に欠かせない善玉菌

乳酸菌は、古来から人の身近にあり、食生活を豊かにし、健康維持にも役立ってきました。乳酸菌が人の健康にどう役立っているのかは、最新科学によって、かなり明らかになっています。乳酸菌は、腸内環境を改善する働きによって、人の健康維持に役立っています。腸内には、膨大な数の菌が生息し、人と共生関係にあるとも言えます。菌の種類は、大きく、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌に分けられます。生まれたばかりの頃は、善玉菌が9割ほどという理想的な状態ですが、加齢とともに、善玉菌は減ってきます。一般的には、善玉菌は2割ほどで、悪玉菌が1割、残りが日和見菌となります。日和見菌は、善玉と悪玉で優勢な方を応援するように働きますから、常に善玉菌が優勢な状態にしておく必要があります。

乳酸菌を含む食品で補う

善玉菌の99.9%を占めているのはビフィズス菌で、これは胃酸で死滅しますから、外から摂取するのは困難です。残りの0.1%が乳酸菌となり、これも大半は胃酸で死滅しますが、一部が腸まで届く種類の乳酸菌もあります。乳酸菌は、ビフィズス菌を増やす働きをしますので、たとえ比率はごくわずかであっても、大きな役割を果たします。味噌や漬物などの食品に含まれる乳酸菌は、酸やアルカリに比較的強いため、胃酸で死滅することなく、一部が腸に到達します。そのため、そうした食品を多く摂りたいところですが、塩分が気になる場合は、難しい面もあります。最近は生きたまま腸に届く乳酸菌も開発されていますから、食品から摂取するのが難しい場合は、そうしたものを利用するのもひとつの方法でしょう。

食物繊維を多く含む食品も

食品から、ビフィズス菌と乳酸菌から成る善玉菌そのものを摂取することは難しいため、もともと腸内にいる善玉菌の増殖を促すという方法をとることも大事です。善玉を増殖させるためには、その餌となる、食物繊維やオリゴ糖をたくさん摂ることです。オリゴ糖は、バナナや玉ねぎなどに多く含まれています。脂肪やたんぱく質は、悪玉菌の餌となりますので、量ほどほどにしておきましょう。腸内の細菌数の上限は決まっていますから、善玉菌を増やせば、その分悪玉菌は減ることになります。常にせめぎ合いをしているということを意識し、食生活を改善するのが望まれます。また、不規則な生活をすると、腸の動きが鈍くなり、悪玉菌が増殖しやすくなりますので、規則正しい生活をし、適度な運動をおこなうことも大事です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.