乳酸菌入りの食品を摂取する時に効果的な温度はある? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌入りの食品を摂取する時に効果的な温度はある?

乳酸菌入りの食品を摂取する時に効果的な温度はある?

ヨーグルトならホットがおすすめ

乳酸菌入りの食品の代表といってもよいヨーグルトは、冷たいままの温度よりも、人肌くらいの温度の方がより菌が活性化します。便通解消やダイエット効果も、人肌くらいが一番発揮されやすいです。
作り方は簡単で、耐熱容器に市販のプレーンヨーグルト100gを入れて、ラップをかけずに電子レンジの500〜600Wで1分ほど加熱するだけです。ただし、乳酸菌は熱に弱いので加熱しすぎると菌が死滅してしまうので注意しましょう。
ここにオリゴ糖やはちみつ、生姜などを加えると、乳酸菌の効果にプラスαができます。
食べるタイミングは食前より食後です。空腹時だと胃酸の働きで乳酸菌が死んでしまうので、食後の胃酸が薄まっているタイミングでホットヨーグルトを摂取するようにしましょう。

どれくらいの温度なら大丈夫か

乳酸菌にとって増殖と発酵がしやすいのは、40度前後です。この温度は大体人間の温度と同じです。乳酸菌も人も、40度以上になると死んでしまいます。
なので、ホットヨーグルトを作る時には40度以上に上がらないように注意しましょう。
また、他の食品からも乳酸菌は摂れるので、無理にホットヨーグルトにしなければいけないわけでもありません。大切なのは毎日継続摂取することですから、冷たいヨーグルトが好きならそれを毎日美味しく食べ続けた方がいいでしょう。
ちなみに、味噌などの植物性乳酸菌は熱や酸に強いと言われていますが、高温加熱すれば死んでしまいます。ただし、食品に含まれている乳酸菌は、生きて腸まで届かなくても、死んだものも善玉菌のエサになってくれるので、結果的に整腸作用が期待できると言われています。

食品加熱なら40度前後を目安に

死んでいても善玉菌を活性化させる効果は期待できますが、生きたまま乳酸菌を腸に届けたいというのであれば、食品の加熱は40度前後に押さえておいた方がいいでしょう。
40度というとお風呂ならばかなり熱く感じる温度ですが、食品だと生ぬるい感じです。また、食べ物によっては高温加熱しないと食中毒などの危険性があるものもあるので、その場合には必ず加熱して食べるようにしましょう。
とりあえず、ヨーグルトを食べるならばホットの方が良いと覚えておけばいいでしょう。電子レンジでラップをかけずにすぐに作れるので、手軽に食べることができます。
一回に食べるヨーグルトの量の目安は100gになっていることが多いですが、これは冷たいヨーグルトを摂取したとしても体を冷やしすぎないための量の目安です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.