乳酸菌の入った食品を加熱しても効果を期待できるのか | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の入った食品を加熱しても効果を期待できるのか

乳酸菌の入った食品を加熱しても効果を期待できるのか

乳酸菌の含まれた食品

乳酸菌は加熱すると死んでしまうとされています。そのため食品を加熱すると効果がなくなってしまうのではないかと考えている人もいるでしょう。ヨーグルトや飲料などの食品は全て加熱処理されていますが、加熱時間が60度で30分くらいなら問題ないとされています。しかし、温度が高いとすぐに死滅してしまいますし、味噌汁や鍋に乳酸菌の入っている食品を利用した場合、乳酸菌は全て死滅してしまうでしょう。ちなみに、乳酸菌が加熱によって死んだものを摂取しても健康に良い効果が得られるということです。死んだ菌を摂取することで腸内の悪玉菌を体の外へ排出することができますし、生きたまま腸まで届いた菌には善玉菌を増やし、悪玉菌を除去する働きがあるのです。そのため両方を摂取していきましょう。

健康のためにおすすめです

牛乳にはなぜ乳酸菌が無いのかということですが、加熱処理によって殺菌を行っているためです。ヨーグルトなどの食品も牛乳と同じように高温で殺菌処理を行っています。そのためあらゆる菌類は死滅してしまうのですが、牛乳と違って乳酸菌の元を後で足しているため、ヨーグルトを食べれば乳酸菌を摂取することができるのです。医薬品やサプリメントの乳酸菌は乾燥しているので生きているとされており、こちらは眠った状態で保たれているため、水に溶けて栄養が加わることで目覚めるという仕組みです。ちなみに、乳酸菌飲料を凍らせても乳酸菌は休眠状態になるだけですし、死滅してしまうことはないということです。乳酸菌は生きたまま腸まで届けることが大切と言われており、摂取のタイミングを考えておくと良いでしょう。

どのタイミングで摂取するのか

乳酸菌には生きて腸まで届くものと、胃を通過する際に胃酸によって死んでしまうものがあります。そのため摂取するならできるだけ胃酸の影響を受けないタイミングを選ぶようにしましょう。胃酸が少ないベストな時間帯とはいつなのかということですが、食前などの空腹時は胃酸の影響を受けやすいため、食べ物によって胃酸が薄くなっている食後に摂取するのがおすすめです。しかし、これは普通の乳酸菌の場合であり、胃酸に体制のある乳酸菌やカプセルで保護されているものを摂取する場合はあまり関係ありません。また、ピロリ菌に対応した善玉菌が入ったヨーグルトなどの食品を食べる場合、善玉菌を腸まで届ける必要があるので空腹時に食べる方が効果的です。また、一度にたくさん摂取するのではなく、継続して摂取することが大切です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.