食品によって乳酸菌の持つ効果の違いはこんなにあります | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 食品によって乳酸菌の持つ効果の違いはこんなにあります

食品によって乳酸菌の持つ効果の違いはこんなにあります

乳酸菌とはどのような菌

乳酸菌と一言でいっても、種類はひとつではありません。まず、乳酸菌は糖分を分解することで、大量の乳酸を作り出す微生物のことで、人や動物の腸内に存在しています。他に牛乳や乳製品・漬物などの発酵した食品に含まれます。乳酸菌と呼ばれるためには、ブドウ糖を分解して作り出す代謝物の半分以上が乳酸であること、棒状または円柱状の桿菌か球状の球菌の形をしていること、グラム染色すると青くなる陽性反応をする、毒性物質を出さないなどの条件を兼ね備えていなければいけません。乳酸菌はビフィズス菌と並び人の身体に良い影響を与えます。この菌やそれを含む食品、その働きのことをプロバイオティクスと呼ばれ、腸内に大量の乳酸菌を作り、それによって腸内を良い環境にする酸性に保つことが出来ます。

乳酸菌の含まれる食品

乳酸菌の含まれる食品は、ヨーグルトを代表とする発酵乳や乳製品乳酸菌飲料などが思い浮かぶと思います。乳酸菌は自然界のなかに200種類以上存在しています。ハードやソフト・飲むヨーグルトなどの違いはありますが、その中に含まれる菌の数は1mℓあたり1000万個以上に上ります。乳製品乳酸菌飲料は発酵乳に糖液や香りを加えたもので、生きた菌を使った生菌タイプと殺菌タイプがあります。ナチュラルチーズにも生きた菌が含まれ、発酵バターは生クリームやバターを発酵させてからバターにします。これらは動物性と呼ばれる菌で、このほかに植物性の食品を発酵させた植物性のものがあります。日本では調味料として使われる味噌や醤油・そして漬物などが古くから食べられてきました。漬物の場合、野菜に付いている菌が細胞からしみ出した糖分をエサに発酵します。

動物性と植物性の違い

動物性と植物性では、身体への影響が違います。植物性の漬物や味噌・醤油に含まれる乳酸菌は、動物性と違いアルカリや酸に強い性質を持っています。そのため温度が高い・低いなど変化にも影響を受けにくく、人の体内でも胃酸や胆汁で死滅せずに、免疫力を高めたりアレルギーの緩和に役立つよう腸まで生きたまま届く確率が高いとされます。一方の動物性乳酸菌の違いは栄養価の高い環境で生きていることです。植物性と比べると胃酸に弱く、摂り方に工夫をしないと腸まで生きて辿り着けないこともあります。それでも植物性のものと比べるとヨーグルトなど食べ易いという利点があります。さらに動物性の場合は整腸作用の他に、インフルエンザの予防やアレルギーの緩和などに特化した乳酸菌も開発されてきています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.