食品に含まれる乳酸菌で腸内環境を改善するために必要な摂取量 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 食品に含まれる乳酸菌で腸内環境を改善するために必要な摂取量

食品に含まれる乳酸菌で腸内環境を改善するために必要な摂取量

腸内環境を改善する乳酸菌

腸内環境は腸内に生息する細菌の割合によって決まります。
腸内の細菌には、その働きによって善玉菌と悪玉菌に分けることができます。
善玉菌が悪玉菌よりも割合が多い状態が、腸内環境が良いと言うことになります。
ただし、腸内細菌は永久的に生息できるわけではなく、便と一緒に排出されます。
そのため定期的な補充が必要となります。
効率的な補充は、乳酸菌を多く含む食品をとることです。
薬などのように過剰摂取で副作用が発生することはありません。
負担のない範囲で、たくさんの食品から効率良く乳酸菌を摂取できるよう心がけます。
腸内環境が悪くなる原因として、乳酸菌をほとんど摂取しない状態が継続されることです。
1日3食のうちの一品でも適当な食品から摂取できるようにするべきです。

乳酸菌が含まれている食品の種類

乳酸菌は発酵された食品に多く含まれています。
最も有名なのがヨーグルトです。
牛乳に乳酸菌と酵母を混ぜて発酵させる食品です。
酸味があり、保存性が良くなります。同じ乳製品として、チーズがあります。
乳酸菌などの細菌、カビ、酵母など微生物の働きや凝乳酵素であるレンネットの作用で塊になります。
その後、発酵を止めるために加熱するものがプロセスチーズで、加熱処理しないものがナチュラルチーズと呼ばれます。
カルシウムを効率的に摂取することができます。

和食にもいくつかの乳酸菌があります。
ぬか漬けはその代表的な食品です。
米ぬかを乳酸発酵させた中に野菜を漬け込んで作られます。
乳製品とは異なり、植物性の乳酸菌になります。
食物繊維も一緒に摂取することができます。
その他キムチにも豊富に含まれています。

1日に必要な乳酸菌の摂取量

腸内環境を改善させるために乳酸菌を摂ることがいいと言われています。
1日に必要な摂取量はどれぐらいなんでしょうか。
乳酸菌といってもいろいろな種類があります。
それぞれ特徴が違うため、一概に摂取量を決めることはできません。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は法令で成分の基準が定められています。
その量は、1mlあたり1000万個以上です。
だいたい1日の摂取量を100mlとして、約6週間継続すると効果が見られると言う実験も行われています。
腸内の細菌は活動すると便と一緒に排泄されるものが多く、常に補充をする必要があります。
よって、1日の摂取量よりも継続して一定の量を取り続けることの方が重要です。
乳酸菌はいろいろな食事に含まれます。
偏った種類だけを取り続けるのではなく、いろいろな食品を満遍なく摂る方が効果的です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.