乳酸菌サプリを摂取して日和見菌を味方につけるには? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌サプリを摂取して日和見菌を味方につけるには?

乳酸菌サプリを摂取して日和見菌を味方につけるには?

どっちつかずの日和見菌

人間の世界でも、そのとき強い勢力の味方をする人はいます。腸内細菌にも、そんな性質を持つ日和見菌がいます。
腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類がいて、このどちらにも属さない日和見菌は善玉菌が増えると善玉菌に味方をして、悪玉菌が増えれば悪玉菌に味方をします。
日和見菌は腸内細菌の中でも7割を占めているので、これを味方につけられるかどうかが、腸内細菌が良いか悪いかを決めてしまいます。
理想的な腸内環境では、善玉菌30%、悪玉菌10%、日和見菌50〜60%とされています。
この状態に持っていくには、善玉菌の代表格である乳酸菌やビフィズス菌の摂取が有効です。腸内環境が整っていれば、アレルギーに強い体になったり、高血圧や糖尿病予防、美肌などの効果も期待できます。

乳酸菌の摂取は普段の食事から

乳酸菌を摂取する基本は、まずは食事からです。善玉菌を活発にさせるために、外側から善玉菌である乳酸菌を摂取するということです。
例えばヨーグルトは乳酸菌を含む代表的な食べ物として知られています。様々な機能性を追加した乳酸菌入りヨーグルトが販売されているので、お気に入りを見つけて食べ続けてみるといいでしょう。他に、食事からだと味噌汁や納豆、醤油、などの日本食にも乳酸菌は多く含まれています。納豆は悪玉菌をやっつける働きを持っているので、お勧めです。
逆に、肉ばかり食べるような食生活だと、悪玉菌が増えてしまいます。たんぱく質と資質は悪玉菌のエサになるからです。
うまく食生活を改善できないという場合は、乳酸菌が含まれているサプリを利用してみてもいいです。

乳酸菌サプリは量より種類の多さ

乳酸菌サプリは、どれでも同じように作用するわけではありません。乳酸菌サプリによっては。大腸にしか効かない、小腸にしか効かない、という特定部位への効果しか期待できないものもあります。
腸内全体を整えたいのであれば、一つの種類の乳酸菌サプリだけを摂取するのではなく、違う種類も使ったほうがいいです。
腸内細菌に偏りが出てしまうと、結局腸内環境のバランスが悪くなってしまうのでよくない結果を引き起こす可能性もあります。一度腸内環境が決まってしまうと、戻すのは時間がかかるので注意しましょう。
体に良いからといって、同じものばかり食べていては栄養が偏るのと同じように、同じ乳酸菌ばかりを摂取していると偏って結果的に体に不具合が出てしまいます。
色々な種類が含まれている乳酸菌入りサプリならば、偏らずに使えるででしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.