乳酸菌とビフィズス菌の違いとそのサプリのさまざまな種類と特徴 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌とビフィズス菌の違いとそのサプリのさまざまな種類と特徴

乳酸菌とビフィズス菌の違いとそのサプリのさまざまな種類と特徴

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

乳酸菌もビフィズス菌も人間の腸の中に或る善玉菌であり、ヨーグルトや乳酸菌製剤に使われており、整腸作用と言う面では同じ働きをしますが、生物学的な分類では、全く違うものです。ビフィズス菌 とは、私たちの腸内に住む善玉菌の99.9%をしめ、腸内の乳酸菌の100~1万倍あり、その数は1兆から10兆個と言われています。ビフィズス菌は、普通人や動物の腸内に住み酸素があると生育できず偏性嫌気性菌と呼ばれており、乳酸菌のように広く自然界で生息できません。形はYの字やVの字をしており、ラテン語で「分枝」と言う意味を持つビフィズスと言う名前をつけられました。糖を分解して乳酸を作りだしますが、乳酸菌との大きな違いは、強い殺菌力を持つ酢酸とか、ビタミンB群を作りだす点です。

乳酸菌の定義とビフィズス菌との違い

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作りだす最近の総称で、ラクトバチルス(乳酸桿菌)とかラクトコッカス(乳酸球菌)の種類があります。動物や人間の腸内では、ビフィズス菌のサポート役になり、ビフィズス菌が生息しやすい環境をつくる働きをしています。腸内に住む乳酸菌の数は、善玉菌の0.1%以下である1億個~1000億個でビフィズス菌の1~100分の1しかすんでいません。人や動物の腸内のほか牛乳や乳製品や漬物などの発酵食品の中など広く自然界にすみ通気性嫌気性菌と呼ばれています。糖を分解して乳酸を作りだす性質がありますが、「作りだすものの50%以上が乳酸であること」と言う定義がこの菌にはありますので、ビフィズス菌は乳酸も作りますが酢酸も作る溜めに正式には乳酸菌とは言えないのです。

乳酸菌サプリの種類と特徴

腸内細菌フローラを改善し、整腸作用を持つ、乳酸菌サプリ(その中にはビフィズス菌を含むものもあります)は色々と市販されています。人の胃の中には塩酸があり、それによって、生きたままの乳酸菌を腸内に届けるには各会社によいって様々な工夫をされてサプリが市販されています。そのようなサプリには、特殊なカプセルに包んで町まで生きた乳酸菌を届けるとか、酸や酵素に強く生きたまま胃酸や胆汁に殺菌されることなく腸に届くサプリとか、この菌を殺菌したり、その抽出物を腸内に届けるサプリとか、工夫されたサプリはたくさんあります。乳酸菌の種類もアレルギーに効果のあるものもあり、なかには機能性食品に登録されているサプリもあります。自分の使用目的に合ったもの、長く続けるものですから、1日の負担額も考えて自分に合ったサプリを賢く利用しましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.