乳酸菌の働きを高めるビタミンと効率的なサプリの選び方 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の働きを高めるビタミンと効率的なサプリの選び方

乳酸菌の働きを高めるビタミンと効率的なサプリの選び方

乳酸菌はビタミンを作り出す?

乳酸菌は、ヨーグルトやチーズのような洋風で現代的な食べ物に多く含まれているイメージが強くありますが、ぬか漬けや味噌といった古来から日本に伝わる発酵食品にも含まれています。昔はどこの家庭にもあったぬか床ですが、かき混ぜる手間や匂いが強いことから、自宅でぬか漬けを作る家庭は少なくなってきました。ぬか漬けは漬けこんだ野菜に乳酸菌が浸透するため、たくさんの乳酸菌が摂取できる食べ方になり、野菜をそのまま食べるよりもビタミンの含有量も増えるため、とても効率的な調理法になります。しかも、乳酸菌がビタミンを作り出すのは、ぬか床だけではありません。乳酸菌は体内でも同じような働きをして、ビタミンを合成していきます。ただし、成分を合成するにはそれなりの材料が必要になるため、食事やサプリから必要な成分を補うことも大切です。

乳酸菌が合成するビタミンの種類

乳酸菌が合成する成分は、ビタミンB群と葉酸、ビオチンになります。いずれも食品だけでは不足しやすいため、サプリを利用して摂取することが多い成分です。肌が荒れた時や口内炎ができた時に利用されているB群のサプリですが、B群には肌や粘膜を健康な状態に保つ働きがあります。タンパク質や脂質、糖質の代謝に関わる働きもあり、脳や神経を安定させる効果もあるので、生命活動をする上でなくてはならない成分です。B群は食品から摂取できる成分ですが、体内で幅広く活躍している成分なので消費する量が多く、食生活が乱れてしまうと不足しやすくなってしまいます。ビタミン剤で補うこともできますが、乳酸菌を利用して腸の働きを安定させて不足した分だけ体内で合成できるようになれば、過剰摂取の心配がなくなるのでとても健康的に成分が補給できます。

乳酸菌を助ける成分をサプリで摂取

腸内にいる乳酸菌は物質ではなく生きている菌なので、活動を続けるためには他の生物と同じように栄養源が必要になります。そのため、乳酸菌が生息しやすい環境を整えるには、ブドウ糖やオリゴ糖などの糖質とビタミン類、ミネラルやアミノ酸も摂取しておきましょう。乳酸菌サプリでは、ビタミンCやオリゴ糖といった成分が同時に摂れる物があります。これらは体にとっても良い効果をもたらす成分なのですが、一緒に摂取した乳酸菌を手助けするという目的もあります。オリゴ糖とビタミンCは善玉菌が活発に行動するための栄養源になり、体内の善玉菌を増やすのに都合の良い成分です。ですから、善玉菌の働きを強化するための乳酸菌サプリを選ぶには場合には、善玉菌と相性の良い成分が配合されている物を選びましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.