のどの痛みのケアにも使える乳酸菌を飴やサプリで摂取 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > のどの痛みのケアにも使える乳酸菌を飴やサプリで摂取

のどの痛みのケアにも使える乳酸菌を飴やサプリで摂取

のどが痛くなった時に

乾燥する時期は特に、口内の潤いがなくなりがちなので、のどに直接ウィルスや細菌が侵入して付着して痛みを引き起こしやすくなります。
こういう時にも、乳酸菌が役立つ可能性があります。自作することが可能ですし、米のとぎ汁で乳酸菌液を作って、うがいすればOKです。
もしくは、乳酸菌が配合されたのど飴もあるので、のどの調子が悪い時に舐めってみるといいでしょう。また、各メーカーから乳酸菌飲料が発売されているので、違和感を感じた時に飲んでみるのもお勧めです。
乾燥しやすい時期には、前もってこういった乳酸菌によるケアを行っておくといいです。さらに、乾燥対策として加湿器を使ったり、マスクをしておけば口の中の潤いが保たれて、のどへの外部からの刺激を減らすことができるでしょう。

風邪の対策にも乳酸菌

風邪をひくと炎症物質のせいでのどが痛くなるので、その対策として乳酸菌を摂取しておくのも効果的です。
乳酸菌が風邪対策になるのは、腸内環境を整えて免疫細胞を活性化させてくれるからです。小腸には7割の免疫細胞が存在しているので、ここの働きが崩れていると免疫細胞が十分に働くことができなくなります。
すると免疫力が下がって風邪などのウイルスにも弱くなります。
手軽に乳酸菌を摂取するなら、サプリの利用がお勧めです。サプリにも種類があり、小粒で飲みやすいものもあります。のどに引っかかって飲みにくいという場合には、小粒タイプのものを選ぶといいでしょう。

乳酸菌サプリは、それぞれ謳っている効果が違うので選ぶ時に悩みますが、多くの菌を配合しているものだと当たる可能性が高くなります。

サプリで日頃から対策をしておこう

サプリは薬と違って、症状が出た時にそれを抑える効果はありません。
体の調子を整えて、徐々に体調を改善させていくのが目的なので、日頃から摂取しておくことが大切です。
乳酸菌サプリで言えば、効果を発揮するためにはある程度時間がかかるので、毎日継続摂取して様子を見ることが望ましいです。
飲んで3日で効かないからといってやめてしまっては、せっかく効いていても効果は実感できません。飲み続けてみてなんとなく便通が良い、体調が良いと感じたら、そのサプリは体にあっている可能性が高いです。
ヨーグルトや漬物などの食品から乳酸菌を摂取するのも大切ですが、現代人の食生活の中では不足しやすいことが多いので、不足分を補うためにもサプリを活用するといいでしょう。継続しやすいものを選ぶことが大切です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.