殺菌と表記されている乳酸菌サプリメントの成分の有効性 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 殺菌と表記されている乳酸菌サプリメントの成分の有効性

殺菌と表記されている乳酸菌サプリメントの成分の有効性

乳酸菌は殺菌によって死滅します

 

菌類である乳酸菌は、加熱殺菌を行うと、死滅して活動を停止します。
一般的に乳酸菌を含む、サプリ等を代表する製品は、菌の働きに期待して配合されています。しかし、一方では殺菌済みのサプリもあるので、生きていない乳酸菌を摂取する意味はあるのかと、疑問に思うのは当然です。
殺菌されている乳酸菌サプリは、その理由が常温で流通させる目的にあること、そして発酵成分が有効に作用する、この二つが特徴に現れます。つまり、乳酸菌が死滅していても、発酵された成分が含まれていれば、サプリとしての意味や価値があることが分かります。
乳酸菌製品を選択する時は、このような違いに目を向けて、乳酸菌その物の摂取か、発酵成分に期待するのか明確にすることが大切です。
一見すると、動かない菌は無意味なように考えられますが、実はこういった加工のお陰で、製品の入手性が向上しているといえます。

殺菌されている乳酸菌サプリは間接的に有効

 

生きた乳酸菌は、直接腸内に棲み着いたり、増殖して悪玉菌を減らします。一方で、殺菌済みの乳酸菌サプリは、発酵で作り出された物が有効成分なので、期待する成分に違いがあります。
ただ、乳酸菌由来の発酵成分も、腸に作用してお通じを良くしたり、健康を守るといった効果が確認されています。菌自体と、菌が発酵した成分は、そのどちらにも共通点がありますから、殺菌については難しく考えず、好みでサプリメントを選ぶと良いでしょう。
生きている方が良い、あるいは腸内細菌を直接増やしたい場合は、飲むタイプが有効な選択肢となります。逆に、腸で有効に働くならどちらでも良い、そう思う時は液体以外も選択肢に加わります。それぞれ機能的には共通していますし、摂り方に制限はないので、組み合わせて飲んでも大丈夫です。

 

乳酸菌サプリは摂取の目的と成分選びが大切

 

乳酸菌を腸に浸透させたい、そう希望するなら、生きたままの方が直接届けられる期待感が高まります。摂取直前まで生きていても、菌は胃酸で多少減少したり、腸に辿り着く前にその数が減ってしまいます。ところが、行き届いた乳酸菌はちゃんと腸に定着したり、増殖を始めるので、少し減っても問題ありません。
反対に、殺菌済みのサプリは、菌が死滅していても、発酵で作られた成分が腸で作用するので、こちらも問題なく摂取する意味が得られます。菌に関する研究では、殺菌されていても有効、という効果が認められていますから、気にすることはありません。
サプリについては、菌の状態よりも、体に届いてどのような働きをするか、それが一番の関心事となります。殺菌タイプの製品は、保存性や保管性に優れていますから、何時でも安心して摂取出来る安心感に魅力があります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.