乳酸菌の種類とその期待できる効果。サプリの摂取の仕方とは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の種類とその期待できる効果。サプリの摂取の仕方とは

乳酸菌の種類とその期待できる効果。サプリの摂取の仕方とは

乳酸菌サプリのメリットは

 

乳酸菌サプリは、その名の通り乳酸菌が含まれているサプリのことです。乳酸菌といってもその種類はさまざまで、また実際には普遍的に存在する菌であり、食べ物から自然と摂取していることも多いものです。
特に発酵食品などは乳酸菌の力を借りており、ぬか漬けの漬物やヨーグルト、キムチなどがその代表的なものです。
また腸内には、多用な細菌が棲息しており、それらが身体への栄養の吸収を助けるといった働きをしてくれますが、このさいには良い働きをするものも悪い働きをするものもあり、そのうち良い働きをするのが善玉菌と呼ばれます。乳酸菌の多くはこの善玉菌の働きをするため、乳酸菌を摂取することで腸の健康を保つことができます。これら乳酸菌を効率よく摂取できるのが乳酸菌サプリです。

 

乳酸菌の種類とその働き

 

ひとつに乳酸菌といっても多用な種類が存在していることが研究で知られており、200種類以上が発見されています。その中でも注目される種類としては、シロタ株、KW、プラズマ、LG21、モラック、L-92、ガセリ菌SP株、フェカリス菌、ラブレ菌などです。
いずれの乳酸菌も期待される働きとしては、腸内調整か免疫力バランスの改善です。腸内調整の役割としては、腸内まで生きて届くことによって、腸内の善玉菌を増やすといったものです。また免疫バランスの改善は免疫細胞を活性化させるといった働きによってアレルギー反応を抑えたり、また外部から侵入するウイルスや病原菌に対する抵抗力を高めるといったものです。これら体質改善に役立つ乳酸菌の発見は現在でも続けられています。

 

摂取するタイミングは

 

乳酸菌サプリを摂取するポイントとしては、その菌の種類と働きです。整腸作用のあるものを摂取しても免疫力を高めるといった働きは得られませんし、反対も同様です。このためどのような作用を期待するかによってサプリも選ぶ必要があります。
一方でサプリなので、飲むタイミングもポイントです。サプリの場合には薬ではないのでいつ飲んでも問題ありませんし過剰に摂取しても大きな副作用が出るといったこともありませんが、飲む量やタイミングを守ることで効率よく菌を働かすことができます。
一般的にタイミングとしては、食後です。これは胃に食べ物があるためサプリが胃酸の影響を受けにくいためです。また重要なのが毎日摂取することです。大量に体内に取り込んでも思ったような働きはしてくれませんが、継続的に一定量を体内に取り入れることで働きを活発化させることができます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.