乳酸菌が善玉菌を増やす効果がある理由とそのメリットとは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌が善玉菌を増やす効果がある理由とそのメリットとは

乳酸菌が善玉菌を増やす効果がある理由とそのメリットとは

腸の中に住む3種類の細菌

 

人間の腸の中には細菌が済んでいて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に大きく分けることができます。この中で人間に健康効果をもたらしてくれると言われているのが善玉菌で、乳酸菌も善玉菌の一種となります。善玉菌は腸内の環境を整えてくれる効果が期待できるのですが、そのためには日和見菌の働きも欠かせません。日和見菌は善玉菌と悪玉菌のどちらか勢力が強い方の味方をする性質があるため、悪玉菌が増えてしまうと途端に腸内の環境は悪化してしまうのです。そんな時に悪玉菌の増殖を抑制し、善玉菌を増やす効果があるものとして知られているのが乳酸菌です。乳酸菌は腸内にも存在しているのですが、身体の外側からヨーグルトなどの乳製品やサプリメントで摂取することで、腸内の環境を整える効果が期待できるのです。

乳酸菌が腸内環境を良くする理由

 

乳酸菌は生きたまま腸に届くもの、消化液で死んでしまった状態で腸に届くものの2種類があります。生きたまま腸に届くことができた乳酸菌は、腸内の糖分をエサにして活動を行いますが、その時に乳酸や酢酸と言った酸性の物質を分泌します。これらの酸性の物質が腸内の環境を悪玉菌の嫌う弱酸性にすると同時に腸を刺激して、蠕動運動を活発にしていきます。蠕動運動が活発になれば便通が良くなり腸内環境が良くなります。死んでしまった状態で届いた乳酸菌は活動することは出来ませんが、乳酸菌を構成していた成分が善玉菌のエサになるので腸内の善玉菌を増やすことができます。これらの乳酸菌の働きによって腸内の善玉菌が乳酸や酢酸を生成したり、悪玉菌の生息域を奪って行くことで腸内の環境を整えていく効果が期待できるのです。

 

効果的な乳酸菌の摂取方法は?

 

乳酸菌は生きたままでも死んだままでも、腸に届くことができれば腸内の環境を良くする効果が期待できると言われています。そのためどのタイミングで食べても良いとは言われていますが、問題となってくるのは乳酸菌の数です。腸内に届く乳酸菌の数が少なければその力を十分に発揮することができませんから、ある程度の数を摂取することが必要になります。一説には1日に5000億から1兆個とも言われています。ヨーグルトなどの乳製品だけではこの数をとるのは難しくなりますし、食べ過ぎは他の成分の過剰摂取にも繋がってしまいます。ヨーグルトを利用する場合には1日に100gずつ2回に分けて食べることが効果的だと言われています。もっと効率よく多くの乳酸菌を摂取したいという時には、サプリメントを利用してみると良いでしょう。

 

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.