乳酸菌の効果で悪玉菌は追いやられ、腸内環境を整えることができる | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の効果で悪玉菌は追いやられ、腸内環境を整えることができる

乳酸菌の効果で悪玉菌は追いやられ、腸内環境を整えることができる

乳酸菌(善玉菌)と悪玉菌の闘い

 

便秘がちな人は腸内環境があまり良い状態とは言えず、悪玉菌が悪さをしている可能性が高いです。このような場合は、腸内環境を整えてあげることが重要です。腸内環境を整えるとは、簡単に言えば、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことです。腸内の中では、いつも善玉菌と悪玉菌が縄張り争いをしています。そこで意識的に善玉菌を活性化させて、その数が増えるようにして、腸内で優勢になるようにしてあげれば、自然と悪玉菌は力を失い、徐々に腸内環境も整えられていくようになります。では、どのようにしたら腸内の善玉菌を活性化させることができるのでしょうか。善玉菌を活性化させるための方法は、主に二つあります。一つは善玉菌を摂取すること、もう一つはすでに腸内にすでにいる善玉菌に栄養を与え、その数を増やしてあげることです。

乳酸菌を食べて増やす

 

善玉菌の代表は何といっても乳酸菌ですが、乳酸菌という菌がいるわけではなく、これはブドウ糖から乳酸を作り出すことができる細菌の総称で、600種類ほど存在しています。その中でよく耳にするのが「L92」や「LGG菌」、「ヤクルト菌」などですが、これらの菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品のほか、醤油や味噌、納豆、キムチなどの発酵食品の中にも含まれています。そのためこのような乳酸菌が多く含まれる食品を定期的に摂取するようにすることによって、腸内の乳酸菌の数を意識的に増やしてあげることができるわけです。その中でも特に日本人の多くが伝統的に食べている納豆には、善玉菌を増やす効果だけでなく、悪玉菌を殺す効果もあります。納豆が苦手という人もいますが、できれば毎日食べたい食品です。

 

乳酸菌の餌を摂取することで増やす

 

人間の腸内にはすでに数えきれないほどの乳酸菌をはじめとする善玉菌が存在しています。そこでそのすでにいる乳酸菌などの善玉菌の餌となる食物繊維をたくさん食べると、善玉菌を活性化させることができ、その数は増えてききます。こちらのほうが外部から一生懸命乳酸菌を摂取するよりも、効果的な方法かもしれません。普段から野菜をたくさん食べること、これだけで腸内環境は確実に変化します。便秘がちだった人も、1週間~2週間程度でその効果を実感することでしょう。また、野菜の食べ方として覚えておくと良いのは、すべての食事の最初に食べることです。ごはんやパンなどの炭水化物や肉、魚などのタンパク質を食べる前に野菜を先に食べると、より一層良い効果を期待することができるでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.