乳酸菌が身体にもたらすさまざまな効果と副作用の危険性は? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌が身体にもたらすさまざまな効果と副作用の危険性は?

乳酸菌が身体にもたらすさまざまな効果と副作用の危険性は?

乳酸菌のもたらす効果

 

乳酸菌は私たちの身体に大きな効果をもたらしてくれることがわかっています。腸内環境を改善する効果によって便秘の解消、免疫力の向上効果による感染症の予防や花粉症、アトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の緩和、うつ病や不眠症の改善、血糖値の低下や糖尿病の予防、高血圧の改善、ダイエット、ニキビや肌荒れ防止効果などさまざまなものがあることが知られていて、多くの人が摂取したいと考えています。腸の健康を保つことは、人間の身体全体の健康に大きくかかわっているといえます。そこで心配になってしまうのが、乳酸菌の副作用です。効果的な薬では副作用が起こる可能性が高くなるように、乳酸菌の摂取でも、何らかの副作用が起こってしまうのではないかと不安を感じてしまう人もいるかもしれません。

 

乳酸菌摂取の副作用は?

 

乳酸菌を摂取することで起こる可能性がある副作用は、基本的にはありません。なぜ「基本的に」とつくのかというと、乳酸菌自体は摂取してもその多くは胃腸の消化液によって死んでしまいますし、死んでしまった後の乳酸菌自体は善玉菌のエサになるという働きだけを行うため身体に悪影響を起こすことはほぼないからです。ただ、稀に摂取のし過ぎでお腹が緩くなってしまうことがある、という点は注意が必要です。それよりももっと注意が必要なのは、乳酸菌が含まれている食品の大量摂取にあります。乳酸菌が多く含まれている食品の代表的なものはヨーグルトですが、乳酸菌の摂取のためにヨーグルトを食べすぎることで乳脂肪分の過剰摂取などに繋がってしまい、脂肪がつきやすくなるなどの間接的な副作用といえるものが起こる可能性があります。

 

1日にどのくらい摂取すればいいの?

 

乳酸菌は数にして1日に5000億~1兆個も必要になってくるといわれています。これだけの量を毎日摂取しようと思ったら、一般的な100ml入りのヨーグルトを100個以上必要になってきてしまいます。効率よく乳酸菌を摂取しようと思った場合には、不要な栄養素の過剰摂取を防ぐこともできるサプリメントを利用した方が良いでしょう。また、乳酸菌は生きたまま腸に届いたとしてもとうに定着することはなく、3日~1週間ほどで便として排出されてしまいます。そのため、毎日摂取することが大切になってきます。サプリメントを摂取しない場合には、1日の摂取量に対しては少量になりますが、1日2個のヨーグルトを毎日継続し、少しずつでも腸内の環境の改善を目指していくという方法をとることもできます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.